FC2ブログ

第5回 UFO杯キックベース大会

2/10(日)西区西中学校にて行われた第5回 UFO杯キックベース大会に参加させて頂いた。
毎年参加させて頂いている九条北さんをはじめとする西区のチームが合同で主催する大会である。

参加チームは全36チームと去年よりかなり増えた関係で予選は2試合ずつとなった。
毎年この日は西淀川区での区子連“ジュニアリーダー修了式”が重なり,掛け持ちしているジュニアリーダー部員が不在のためレギュラーメンバーが半分いない状態で参加することになる。
でも5年生以下のメンバーにとっては大会に出場できるチャンスなのだ。

ただ前日から咳が止まらず声がガラガラ・・・翌日も大会なのにこれはまずい
・・・と言うことで柴○コーチにお願いして指揮を執ってもらうことにした。


19UFO開会式  19UFO円陣  19UFO試合中


ウチが入ったAブロックは波市さん・玉川さん・市岡さん・・・と優勝候補が固まっている。
決勝トーナメントへ上がれるのは3チームなので1勝1敗が最低ライン。

予選初戦は市岡さんだが,こちらも行事で6年生が不在とのこと。
それでも5年生とは思えない動きで6年生が数名いるウチなのに「4-5」で負けてしまった。
ただ最終キッカー3年生のSakuraが蹴ったヒット性の同点打を主審がちゃんと笛を吹かなかったばっかりにノーカウントの蹴り直し・・・と不可解なジャッジで変な終わり方をしたのは残念である。
ただ来期も市岡さんはかなり強そうだなぁ。

2試合目の真田山さんには初回に長打でいきなりの2失点をしてしまう。
その裏,小技が3つ決まったあとこの日4番に抜擢した5年生のKanadeのヒットに続いてAyameのライトオーバー&Risakoのレフトオーバーの連続ホームランで一気に逆転。
2回には小技をつないでランナーを溜めたあと長打を絡めて「9-2」で勝利した。

ボーダーラインの1勝1敗・・・。
それでも得失点差で予選ブロック3位となって決勝トーナメントへ進出できた

午後からの決勝トーナメント1回戦は久しぶりに大道南さんとの対戦。
先攻となった初回から打線が上手くつながり4得点。
1失点するが落ち着いて後続を断ち切り試合のペースを掴む。
2回にも連打で4得点してそのまま守備も崩れることなく「9-2」で勝利した。

そして準々決勝戦の相手は優勝候補の八幡屋さんである。
3年生のライトRuaの光るプレーもあったがさすがに強打には耐えられず残念ながら大量失点。
そんな中,3年生をカバーしようとセンターAyameが右へ左へ前へ後ろへとかなりの距離を走り込んで捕球するプレーが随所に観られた。
結果「1-14」の敗戦でベスト8だったがそれ以上に内容のある試合だったと感じる。

普段あまり試合に出れないメンバーにはいい刺激になっただろう。
練習でできることも試合になると緊張してできない子もいるがたくさん試合経験ができたしさらに練習に励んで欲しい。


さて決勝戦はそのあと玉川さんをパワーで下した八幡屋さんと,波市さんとの接戦を制した九条北さんとの対戦となった。
終始緊迫した好ゲームとなりタイブレークまでもつれたが最後は相手ミスからのチャンスをものにした八幡屋さんが優勝されたのだった。
九条北さんも最後まで諦めずあと一歩と言うところで本当に素晴らしい試合だった。


19UFOあいさつ  19UFO結果  19UFO優秀選手賞


そんな中,本日の優秀選手賞は低学年をカバーしながら攻撃面ではここぞと言うときに長打で得点を叩き出し,守備ではまわりをしっかりサポートしていたAyameだった。
低学年をカバーしながら全力でプレーしたことは残りの大会でもきっといい結果につながるはず。
いつもは照れて笑顔を隠すがこの時ばかりはさすがに嬉しそうな笑顔を見せてくれた(*^-^*)

あと・・・この日改めて気付いたこと。
喉が痛くて1日声が出せなかったのだが,試合中みんなに声を掛けれないことがこんなに辛いことだとは思わなかった( ̄▽ ̄*)
早く寝て明日は今日の分までしっかり声を掛けようっと。

最後になりましたがUFO杯大会実行委員の皆様,1日お世話になりました。
準備から後片付けまで本当にありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願いします。





2019-02-10 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

九条北小で練習試合

2月に入って最初の日曜日,九条北さんからお誘いを受け練習試合にお邪魔させてもらった。
通常の練習日なので4年生以下はコーチ2人に任せて姫里で練習。

5・6年生11人の予定だったがショートSakuraが熱のため休みだったのは残念・・・(T_T)
代わりとして来期のために5年生Kanadeにショートの練習をさせるプランで挑む。
今日は勝ち負けを意識し過ぎず自分のできる全力プレーを優先することだけを何度も伝えた。

先週の決勝戦ではプレッシャーのためなのかガチガチで本来の力を出せなかったのは普段の練習でこれだけやって来たんだと言う自信がまだまだ足りないからじゃないのかな
プレッシャー の掛かる場面でもいつもの力を出せるように自信を付けて欲しい。

1日を通して波市さん・九条北さん・高見さん・八幡屋さん・宮原さん・弁天さんといった強豪チームを相手に6試合もさせてもらった。
いい練習になるのを期待したが全体的に蹴りの精度が良くなかったこと,レギュラーのショート不在で小技のアウトがなかなか取れなかったこと,外野からの中継が上手くいかずランナーを次の塁へ進ませてしまった場面が何度かあったことなど課題は多かった。

でも悪いところばかりでは無く,波市さん・八幡屋さんともいい試合が出来たのは収穫であった。
最後にメンバー内で誤解が生じてちょっとした‟いざこざ”があったがちゃんと話し合っていつもの仲良し状態に戻ったのは成長の証だろう。

自信を持って次の大会に挑んでくれることを期待したい。
まだまだこれからみんな頑張れ





2019-02-03 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

第3回 新北野校下親善大会

1/27(日)淀川区の新北野中学校にて第3回 新北野校下親善大会が開催された。

グランド整備やスコアラーなど,新北野中学校ソフトボール部員のみんなが終始お手伝いをしてくれるとてもありがたい大会である。
第1回より参加させて頂き,第1回は3位→第2回は準優勝・・・となったら第3回は・・・

前回優勝の新東三国さんと初参加の十三さんが先週雨のため延期になった子ども会行事優先により残念ながら参加できなくなったのが残念だが,代わって加島さんと新北野校下合同チームの参加で当初予定通り9チームによる開催となった。

塚本さん・田川さん・神津新北野さんの新北野校下3チームと招待チームの御幣島さん・下新庄さん・木川南さん・加島さん・合同チーム姫里KBCが3ブロックをまたがり予選4試合を戦う。
そして上位6チームが決勝トーナメントへ進出できる。
どのチームもたくさん試合ができるすごく有り難いオトクな大会なのである

初戦は新北野校下チームの神津新北野さんとの対戦。
立ち上がり悪く初回にランナーを2人出し2アウトにしたものの3連打で3失点と動きが良くない。
その裏負けじと4連打などで逆転に成功。
3回同点に追いつかれたが5番Ayameの3ランホームランで「7-4」として試合を決めた。

続いて強打がハマると怖い下新庄さんとの対戦。
1試合目でよく動いたのが良かったのか,ランナーを溜めて5番Ayameの前の試合からの3打席連続3ランホームランなどが飛び出し勢い付いた
守備も上り調子に全体的に良くなってきて「15-3」で無難に勝利した。

続いて新北野校下の塚本さんとの対戦。
何をしてくるかわからない怖さがあるのでとにかく先制パンチが必要。
初回は不運なデッドもあり無得点に終わったが,2回に下位打線からつなぎ,この日蹴りも守備も絶好調の1番Sakuraの長打などで4得点。
前の試合から守備も安定しており点を許さずそのまま「5-0」で終了。

予選最後は秋の大会で負けている木川南さんとの対戦。
初回に小技と強打で3失点してしまうがそのあとを何とか凌ぐ。
ただこちらも相手の守備に阻まれて中々得点できないまま最終回になってしまった。
何とか9番Kahoの2点タイムリーから上位打線につなぎ2番Hinakoが満塁からランナーを返して「3-3」の引き分けに持ち込んだ。

結果『予選3勝1分』とし失点差で木川南さんに続いて2位抜けで午前中を終えた。


19新北野開会式  19新北野あいさつ  19新北野予選


午後からの決勝トーナメント・・・予選2位の姫里は3・5位の勝者と対戦する「シード枠」へ。
‟神津新北野さんvs塚本さん”の勝者と対戦することになる。
流れを引き寄せ徐々に点を重ねていった塚本さんが優勢に試合を進めそのまま勝ち上がってきた。

さぁ続いて準決勝戦,姫里の出番だがリズムに乗ったか怒涛の攻撃
6番Risakoの3ランホームランなど打線がつながり優位に試合を進める。
そのあとも勢いは止まることなく無失点で抑えたあと打線爆発7点チェンジもあり「11-0」としてそのまま決勝戦へ駒を進めた。

決勝トーナメント反対側は予選1位の木川南さんを勢いで下した予選4位の下新庄さんだった。
その前の試合も御幣島さんを無失点で抑えてかなり勢い付いている様子。
そして下新庄さん相手にいざ決勝戦
しかし勢いのあるチームの怖さを改めて知ることになる・・・

予選はウチが勢いで勝ったが決勝戦と言う雰囲気に飲まれたのかミスが続く。
初回ノーアウト満塁としたものの力の入り過ぎたミスキック連発でまさかの1点のみ
結果的にこれで流れを持って行かれたのだろう
守備でもガチガチの動きでミスが続きランナーを溜められたところでホームランを蹴られる。
そのあとも上位打線に蹴られて失点するがウチは打線が続かない。
最後まで諦めず攻めたがそのまま流れを引き戻せず「2-6」で敗戦・・・。


19新北野決勝トーナメント  19新北野表彰  19新北野優秀選手賞

  優勝  下新庄子供会さん(東淀川区)
  準優勝 姫里KBC(西淀川区)
  3位   塚本連合子ども会さん(淀川区)  
  3位   木川南連合子ども会さん(淀川区)  


チームは年明けから上り調子でこの大会優勝を目指していただけにとても残念な準優勝だった。
決勝戦と言う最高の場面で力を出させてあげれなかったことが悔しくて仕方ない・・・。

最後に各チームから1名を選出する優秀選手賞は全試合を通じて切込み隊長として攻撃面での高い出塁率と,きびきびした守備で幾度となくアウトを取りまくったSakuraだった。
素晴らしい活躍だっただけに優勝をさせてあげたかった気持ちがさらに強くなった・・・。
でも自分のやるべきことをやり続けた結果であり次もきっとやってくれると期待している。

最後になりましたが・・・昨年に続いて今年も参加させて頂けたことをチーム一同感謝致します。
ソフト部員が力を合わせて協力する素晴らしい姿,大会後のトスバッティングのデモンストレーションなど,来年以降も続けてソフトボール部員が増えるきっかけの大会になることを願っております。





2019-01-27 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

第11回 クライマックストーナメント大会

1/14(月祝)成人の日に南港中央公園にて今期の住之江親睦リーグを締めくくる
第11回 クライマックストーナメント大会が開催された。

毎月のリーグ戦では調子の波が大きく勝ったり負けたり・・・でも1年通していろいろ経験できた。
年間リーグ戦の結果は14チーム中,三先子ども会さんと並ぶ4位ということで予選の対戦枠を決めるためチームから2人を選抜してのホームラン競争を行なうことになった。
年間順位の上位チームが有利になるように上位チームほど下位チームと対戦するようになっていて8チームが”決勝トーナメントの枠”に入ることができる。
結果,ホームラン競争はパワー炸裂の三先さんに及ばず5位の枠に入って年間7位の九条北子ども会さんと年間13位の波市Jrさんと対戦することが決まった。

まず朝イチから年末に蹴り負けた手強い九条北さん
後攻を取ったもののいきなりミス連発を含めた6連続出塁を許して4失点。
2回にも上位打線に攻められて失点を重ねて点差が広がって行く。
反対に攻撃ではなぜか正面に蹴るミスキックが続いて2回終わって「0-6」とヤバイ展開・・・
このままではいけないと気合いを入れてようやく3回を無失点に抑えたあと反撃開始。
2人のランナーを出したあと,2点を返して2アウトになるものの姫里得意のみんながつなぐ連打で1点ずつを返して7点チェンジで逆転に成功
しかしまたまた上位打線に上手く蹴られて2失点で「7-8」と逆転されてしまう。
最終回の攻撃,前日からポイントポイントでいい働きをしている入部して間もない5年生Ayanaがチョビで出塁をして1番Sakuraが続いてチャンスを広げる。
2番Hinakoがきっちりランナーを進めたあと,この試合3番に入ったRisakoのライトオーバーの逆転サヨナラ3ランホームランで何とか勝つことができた。ふぅ危ない危ない・・・

2試合目は波市Jrさんとの対戦。
もちろん午後からの決勝トーナメントに向けて無難に勝たなきゃいけない相手。
しかしまたまたミスキックが続き初回まさかの1点のみ。
いくらいい当たりでも相手正面ではアウト取られるわな~。
2回になってようやくエンジンが掛かり出し7番の下位打線からつないで得点が入り出す。
次の回も上位打線の連打で「11-1」として予選2勝の5位で午前中を終えた。


19CMT開会式  19CMT円陣  19CMT円陣後


Jr戦を挟み決勝トーナメント1回戦は前日の大会の準決勝で力負けした中央ガールズさんとの対戦。
強敵には違いないが2日続けて同じ相手に負ける訳には行かない
みんなとリベンジを誓いベンチを盛り上げて挑む

初回に1点を先制したあと,その裏1番キッカーからの連打で満塁にされるがそこを耐えて犠牲フライでの1点だけに抑えたのは大きい。
2回1点勝ち越すが,その裏に下位打線の連打で2失点して逆転を許す。
この試合も取って取られてのシーソーゲームになる予感。
しかし3回ビッグイニングが訪れた
不運なデッドなどで2アウトになるものの4番からつないでランナー満塁から1点取ってまず同点。
ここでライト線を指示した8番キッカーYuiがその期待に応え見事ライン際ギリギリに入った満塁ホームランで一気に逆転に成功した。
しかし・・・「7-4」となった最終回,中央さんの怒涛の反撃が始まり楽には勝たせてもらえない。
上位打線の強い蹴りが続き,あっという間に3失点して同点に追い付かれる。
それでもみんながここ1番の集中力を発揮して何とか耐え凌ぎ延長戦に突入。
2アウト・ランナー2塁からの”タイブレーク”である( •̀∀•́ )b

4番Hinataが2塁ランナーで5番キッカーAyameからの好打順。
職人芸のようなレフト前へのストンと落としたワンヒットでランナー1・3塁として6番Risakoの外野へのライナーでまず1点奪取。
7番Kanadeがつないで,8番Yuiの強いゴロでさらに1点追加する。
見事4連打で最後の守りへ。さぁ勝利まであとひとつ気持ちをひとつに集中力を見せてくれ

そして中央さん最後の攻撃は,レフト正面への大きなフライとなってゲームセット。
チーム全員での見事な勝利だった( •̀ᴗ•́ )و
そのリベンジ達成の瞬間,メンバーはもちろんベンチではみんながハイタッチ,応援団のママたちはまるで優勝したかのように涙を流して歓喜に包まれていた。゚(゚´Д`゚)゚。きゃー

このまま喜びに浸っていたいが続けて準決勝戦が待っている。
そのお相手は,これまた前日に激闘を繰り広げた築港子ども会さんだ。
準々決勝戦のいい雰囲気と勢いでそのまま突っ走りたいところである。
先攻の築港さん初回の攻撃に1失点するが裏に1番が出塁して2番が送って3番Miyuuのプッシュでつないでランナーを溜めて・・・と理想的な攻撃パターンがハマる
ランナー満塁から5番Ayameのセンターオーバーのホームラン性の当たりで3点を先制できた。
2回も無失点に抑えて,裏の攻撃で2点を追加して点差を広げる。
3回に3番・4番キッカーに良い当たりのホームランを連発されて1点差まで詰め寄られる。
こっちは地道にヒットをつないで同じく3点を入れたが,さすがに前日と違って本来の築港さんのいつもの攻撃力が出始めた
そして油断した訳では無いが4回表,3年生キッカーに少し前に来ていたセンターとライトの間を見事なライナーで抜かれてから相手ベンチが盛り上がり勢いづけてしまった。
激しい戦いの連続の疲れで動きが悪くなってきたか,連打で7点チェンジをされてしまった。
それでも諦めない気持ちで反撃を試みるが,鋭い打球も勢いに乗ったプレーで見事に好捕され残念ながら「8-11」で敗戦となった・・・。

試合が終わった後,悔しくて号泣する姫里のメンバーたち。
相手ベンチでは勝った築港のメンバーたちもみんな泣いていた。
そんな様子を見てこの2日間の素晴らしい試合に感動せずにはいられなかった。
つい最近まで全く相手にならずいつもボコボコにされていた強豪チーム相手に接戦ながらいい試合ができるようになったことに子どもたちの成長を強く感じたのだった。

そして直後の決勝戦は波市さんvs築港さんの対戦となった。
さすが年間順位1位同士の対戦はどちらも引かず一進一退の攻防となるしびれる試合内容。
最後はチャンスを逃さなかった波市KBCさんが「5-4」の接戦を制して優勝されたのだった。
この試合主審をさせてもらったが,やっぱりこの場で子どもたちを戦わせてあげたかったなぁ~。

  優勝  波市KBCさん(港区)
  準優勝 築港子ども会さん(港区)
  3位   海老江西子ども会さん(福島区)
  3位   姫里KBC(西淀川区)


19CMT試合中  19CMT試合結果  19CMT6年生たち


最後に各チームから1人選出する優秀選手賞には,前日もこの日も全試合を通じて特に守備において地道にひとつひとつアウトを取ろうと一生懸命な姿を見せてくれたKahoを選んだ。
目立つファインプレーやホームランを蹴った訳では無いが,そうやって自分のやるべきことを最後まできちんとやり遂げた結果である。
これからも卒業までみんなとキックを楽しみながら笑顔で全力を尽くしてくれるだろう。


19CMT表彰  19CMT優秀選手賞  19CMTみんなで


最後に住之江親睦リーグ事務局および関係者の皆様,運営面を含め年間を通して会場の提供・設営に始まり片付けまで本当にお世話になりました。
また参加チームの皆様,今期も1年間のお付き合いありがとうございました。
子ども達を含め,指導者一同感謝しております。

今年のメンバーも卒業まであと2ヶ月半。
今期のリーグ戦は終了ですが,来期も姫里KBCをどうぞよろしくお願いします。





2019-01-14 : キック活動日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

第14回 大和田ドリーム杯

1/13(日)姫里と同じ西淀川区でいつもお世話になっている大和田さん主催の
第14回 大和田ドリーム杯が開催された。

午前中に予選が3試合行われブロック2位までが決勝トーナメントへ進出できる。
西淀川区のチームは各ブロックのコート責任となるため予め別ブロックになるように組み合わせされており他区チーム抽選の結果,大正区代表の泉尾北さん,東住吉区代表の今川さん,住之江親睦リーグ年間順位1位の築港さん・・・とヘタすると全敗もあり得る厳しいブロックとなった。
しかも今日はレギュラー2人不在だと言うのにな・・・σ(^_^;)

朝イチの初戦は泉尾北さんとの対戦。
初回3連打で満塁にするが4~6番のミスキック連発で1点のみ・・・今日も朝イチから不安だな~
2回に2失点するものの3回に2番からの攻撃で何とか同点に追い付くが逆転までは届かず。
ただそのあと相手の4~6番を抑えて失点を許さず時間切れの「3-3」で引き分けた。
打線が湿りっぱなしだったが負けずに耐えれたのはいつもと違う

2試合目は今期初対戦の今川さん
初回から足でかき回された攻撃であっという間に3失点するが裏に1点を返し反撃開始
2回を無失点に抑えたあと下位打線からつないでつないで連打で4得点して逆転に成功
3回の今川さん2番からの攻撃を完璧に抑え込んで「5-3」で勝利した。

3試合目はリーグ戦でもお馴染み築港さんとの対戦。
リーグ戦ではボコボコにされっぱなしだがこの日の築港さんは調子があまり良くない様子。
初回ランナーを出すもののリズムよく切り抜け無失点に抑えたあと裏の攻撃で1点を先制。
2回同点にされ,3回に1点勝ち越されるが,3回裏の攻撃で1・2番が出塁したところで3番キッカーRisakoの強く蹴り上げた打球がライトの頭上を大きく超えていく3ランホームランとなった。
今期苦手としていた築港さんから「4-2」で勝利して何と予選2勝1分のブロック1位抜けとなった。
正直言って‟出来すぎ”の結果である

午後からの決勝トーナメントは8チームよる再抽選
せっかく1位抜けしたけどあんまり関係無かったな・・・( ̄▽ ̄*)ハハハ
また午後からも当たったりして・・・と予選が終わった時点で築港の岩○監督と話していたが,本当に築港さんとの対戦となってしまった。
いつもなら嫌なムード漂うが予選で勝てたことが自信となりヤル気に満ち溢れるメンバーたち。

初回1失点するもののすぐさま3点を返して逆転する
しかし2回に1~4番に強打され4失点してあっという間に逆転されてしまう
さすがに簡単には行かないがそれでも今日は喰らいついて諦めない。
下位打線から小技でつないで1番Sakuraのライトへの大きな当たりで「5-5」の同点に追い付く。
しかしそのあと両チームともお互い譲らず延長戦へ突入。
1回目の延長で決着付かず2回目の延長を迎えた5回,ついに築港さんの下位打線に1点を奪われる。

それでもまだまだ諦めない
出塁した3番キッカーを手堅く進めてすぐに同点に追い付く。
攻撃を緩めずランナーを溜めて満塁としてプレッシャーを掛ける。
迎えた8番キッカーYuiの蹴りは・・・ライト線への2塁打となってサヨナラ勝ちで遂に決着が付いた
今期全く歯が立たなかった築港さんに1日で2勝もしてしまったベンチはまるでお祭り騒ぎだった。
終わってみれば何と55分もの激闘になったのであった

しかし試合はまだまだ続く。
次の準決勝戦は遠里小野さんを1点差で下した,こちらもリーグ戦年間順位3位の中央さん
初回にKahoの鋭いライナーなどで3点を先制するものの,その裏打者一巡であっという間に5失点で相変わらずのパワーにタジタジ・・・。
そのあと攻撃がつながらず2回にも同じように5失点して「3-10」での敗戦となった。
残念ながらさっきの激闘のあとで体力的に足が動かなくなったか・・・


19大和田カップ試合前  19大和田カップ予選  19大和田カップ3位決定戦前


しかしまだまだ終われない。気持ちを切り替えて3位決定戦に挑む
その相手は夏の市大会で大敗した喜連北さんである。
でもここまで来たら勝って終わってメダルを持って帰りたい。

先頭キッカーはアウトになるものの2番キッカーHinakoが出塁したあと3番キッカーRisakoのレフトオーバーの2ランホームランで先制する。
裏に1失点するが3回に1番からの好打順で2アウトから3点を追加する。
4回に下位打線がノーアウト満塁のチャンスを作りさらに追加点を・・・と思ったのもつかの間,走塁ミスやプッシュミスでまさかの無失点・・・。
こうして流れが悪くなるとやはり失点してしまう
下位打線に大きな当たりのホームランを蹴られて3失点で1点差まで詰め寄られる。

保護者ママたち応援団の「頑張れ~負けるな~」の熱い声援にも勇気付けられる。

タイムを取り「ひとつひとつアウト取って行こう」と落ち着かせ,笑顔になったみんなはその言葉通りひとつひとつ確実にアウトを取りそのまま「5-4」で逃げ切った。
ベンチも応援団も優勝したかのような喜びようだったがそれぐらい嬉しい3位であった

決勝戦は3位決勝戦と同時に行われていたので細かい内容はわからないが,ウチが力負けした中央さんを抑えた宮原さんが王者の貫禄で優勝して大会の幕を閉じたのだった

一方,同じ西淀川区の出来島さんも参加予定だったが,もともとメンバーが少ない上に直前にインフルエンザになってしまったとのことで何とメンバー‟0人”だと・・・。
まさか監督のみの参加となったが,前日にできるだけたくさん連れて来てくださいと連絡があり,姫里から7人&香簑さんから4人の低学年ヘルプメンバーによる合同チームで出場させてもらった。
出来島さんにとっては残念だがウチの低学年たちには願ってもないチャンス
試合には勝てなかったがどの試合も1点ゲットしてアウトも取って楽しく試合ができたようだ。
初めて試合に出た子もいたがこれを機にもっともっと練習にもヤル気を出してくれたらいいな~。


19大和田カップ3位表彰  19大和田カップ決勝トーナメント  19大和田カップ集合


この日の優秀選手賞はここぞという場面でプレッシャーのかかる中,試合の流れを引き込んだ素晴らしい当たりのホームランを見せてくれたRisakoだった。
ガンガン走りまくる姿やレフトからセカンドフォースアウトをいくつも重ねたプレーも光った。
まだまだ伸び代たくさんでこれからの大会でも活躍してくれるだろうと期待は膨らむ。
そしてちびっ子合同チームからも3年生のHonoが優秀選手賞に選んでもらった。
まだまだ小さいながら終始ガッツあふれるプレーをしたことが評価してもらえたようである。


 優勝  宮原連合子ども会さん(淀川区)
 準優勝 中央ガールズさん(中央区)
 3位   姫里KBC(西淀川区)


最後になりましたが大和田連合育成会関係者の皆様,朝早くから夕方まで大変お世話になりました。
山ほどおかわりさせてもらった豚汁もとても美味しかったです。
本当にありがとうございました。ぜひ来年もお誘いくださいね。





2019-01-13 : キック活動日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

2019年スタート!

本日,姫里KBCの2019年がスタートした

まずは例年通り,練習前に近くの野里住吉神社に”必勝&安全祈願のために指導者&部員全員でお詣りに行った。
残念ながら家の都合や病気で参加できない子もいたが無事お詣りを済ますことができた。
とにかく大きなケガと病気なく今年もみんなが楽しい1年を過ごせますように。

そのあと姫里小学校に戻りさっそく初練習を開始
冬休みだと言うことで久しぶりに体を動かして疲れた様子の子もいたがいい雰囲気で練習できた。
6年生は残り3ヶ月弱・・・最後までたくさんキックでのいい想い出を作ってあげたい。

午後からは前回,子どもにも保護者のママにも大好評だった「カレーパーティ」を行なった。
前回同様に今回も保護者のママたちがお手伝いをしてくれて,和気あいあいとチームみんなが美味しいカレーを食べて楽しいキック初日となった。
今年もこんな感じでキックでもキック以外でもみんなで仲良く楽しいチームでありたいな~。


と言うことで・・・,

今年も姫里KBCをどうぞよろしくお願いします





2019-01-06 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

住之江親睦リーグ最終戦

平林小学校にて今年度最後となる住之江親睦リーグ最終戦が行われた。
公式戦を4試合残して消化できないかも・・・と思っていたら,対戦していないチームが全て参加ということで何とか全試合消化できた。
戦力的に5番センターが不在なのは痛いが年間順位にも影響するので参加したみんなで頑張ろう

さっそく朝イチは中央さんとの対戦。
でも他の大会と重なったようで主力メンバーがおらず開平さんが入っている様子。
最近入部した5年生のAyanaをセンターに起用して打順を組み替えて挑む。
立ち上がりを攻めてYuiの満塁ホームランなどであっと言う間に6得点を奪ったが,その裏にミスが重なりあっと言う間に4失点・・・。
3回には下位打線から上位へつなげて最後はKahoのレフトへのプッシュで7点チェンジのポイントをゲットし「14-4」で勝利した。

2試合目は久々に豊里南さんとの対戦。
初回1塁審の不可解なジャッジが続き無得点だったものの主力を温存している豊里南さんだったようで2回に7点チェンジを奪って「8-3」で逃げ切った。

3試合目は今期勝ったり負けたりいい試合をさせてもらった九条北さんとの対戦。
御幣島カップの決勝戦以来の対戦だが今日もいい試合になることを期待していた。
・・・が残念ながら全く持って気持ちが入っていなかった・・・
毎回ミスで先頭キッカーを出塁させ相手の攻撃を切ることができない劣勢が続く。
2回に「0-7」から小技と長打を絡めたあと,1番キッカーMiyuuの3ランホームランなども出て6点追い上げて「さぁこれから」・・・というときにまたまた足が動かない雑で適当な守備のミスが連発。
何度も同じミスを繰り返すが何とかしようという気持ちも伝わって来ない
ここで初回からずっと悩みながらプレーしていて足が動かないのが目立つショートSakuraをベンチへ下げて4年生に交代した。
ひとりに責任があるのでは無く,全員が声も掛け合えないそんな状態では勝てるはずも無く「6-14」といい試合どころか九条北さんの期待を裏切ってしまった。

お昼ご飯を食べたあともう1試合残っており,メンバーを代えようかとも考えたが,その交代させたSakuraを始め何人かの6年生たちが次はもっと声を掛け合うと言いに来た。
しかし最後は秋以降上り調子海老江西さんとの対戦。
リーグ最終戦で順位にも影響するのでぜひとも勝って終わりたかったが,下位打線は抑えたものの上位打線に攻め込まれ結果的には「4-10」での敗戦だった。
まだまだ足りないが声を出し合う姿勢は少しは見えたので次回に期待するとしよう。
結局この日は2勝2敗で終了したので年間順位がどうなっただろうか

今年も1年間,住之江親睦リーグ各チームの皆さんには大変お世話になりました。
年明けのクライマックストーナメントでもよろしくお願い致します。





2018-12-24 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

第11回 港50大会

12/16(日),今年も港区女子KB連盟主催第11回 港50大会に参加させて頂いた。
この大会は‟出場する選手10人の学年合計を50以下”にしなければいけない特別なルールがある
6年生を出すためにはその分低学年を起用する必要がありいろいろなパターンを考えるのが楽しい。

全24チームが6ブロックに分かれて予選を行いブロック上位2チームとブロック3位のうち上位4チームがワイルドカードで上がり,全16チームが決勝トーナメントで戦う。
各チーム高学年がいかに低学年をカバーして戦えるかがポイントになる。

予選は港区の2チームと対戦するのだが・・・その対戦相手は南市岡さん田中さん
毎年この大会では陰になる寒いコートだったが今年はAコートと言うことで本部前の太陽の当たるコートになって良かった良かった。
・・・と言うのもこの日デビュー戦となる1年生2人がいるからである。
この2人の頑張り次第でメンバー構成が大きく変わってしまうし,とても期待していたのでせめて寒さだけは何とかなって欲しかったのだった。

さて初戦の南市岡さんとは「6666666431」のメンバー構成で挑む。
さっそく1年生Marinがキャッチャーで初出場
前日練習したようにがっちり受けたり,ちゃんとキッカーサークル後ろまで下がってカバーする。
しかし試合の方は・・・初回からランナーを出すが打線がつながらない。
3回に4得点して逆転したのもつかの間,4回裏に低学年をカバーできずに6年生がミスを連発。
あと少しで勝っていたところを「5-7」でまさかのサヨナラ負けとなった。

2試合目は同じく港区の田中さん
今度は6年生を減らして5年生を2人入れた「6666665531」のメンバー構成とした。
今度は1年生Nonokoがキャッチャーとして初出場
先日行われた‟かけ足大会”では女子で1位,学年でも2位になった足が自慢である。
さて・・・またしても初回落ち着かず連打で3失点するものの,低学年を狙ってランナーを溜めてからの6年生Ayameの満塁ホームランで逆転に成功。
そのあとは守備が落ち着き,攻撃もやっとつながり「9-3」で1勝1敗とした。
同じ予選ブロックでは2勝の東三国さん,1勝1分の南市岡さんに続いて何とか3位。
ふぅε=( ̄。 ̄;)・・・とりあえずワイルドカードで予選通過できて良かった良かった。


18港50開会式  18港50円陣  18港50予選


午後からの決勝トーナメント1回戦は,Dブロック2位の港区港晴さんと対戦することになる。
今期初対戦なので全く情報は無いがそれほど大きな子もいない様子。
今度は5年生を減らして4年生を2人入れた「6666665441」とした。
初回は攻撃がつながったもののそのあと流れが悪くなかなか得点できない。
それでも慣れない守備を何とかこなして「5-3」で逃げ切った。

準々決勝の相手は八幡屋さんをサヨナラ勝ちで下したリーグ戦でもお馴染みの波市さんだった。
よく対戦させてもらってるが今期なかなか勝てないでいる。
ここで練習してきた禁断の1年生を2人入れた「6666666611」で挑むことにした。
しかし6年生たちの攻撃がことごとく失敗して全く得点することができない
相変わらず波市さんの上手い蹴りで少しずつ失点をして「0-4」で最終回を迎える。
それでも諦めずランナーを出してキャプテンHinataのライナー性の鋭い蹴りで1点返す。
2アウトになるものの連打でランナーを溜めてYuiの2点タイムリーで1点差まで詰め寄った。
しかし次のキッカーは1年生・・・

ここで6年生のランナー2人に3年生の代走を送り学年合計を下げたあと,その1年生に代えてキッカーとして5年生のKanadeを代打に送り出した。
外野に落ちるか間を抜ければ同点のチャンスという場面。
みんなの声援を受けてかなりのプレッシャーに大きく息を吸って打席に立つ。
3塁線へ向けて強く蹴った打球は,横っ飛びしたレフトに好捕されその時点で「3-4」のゲームセット。
最後に粘った勢いも残念ながらここまでだった。
去年のめっちゃ寒~い内容を思えば,今年は”ベスト8”という結果でよく頑張った。
6年生が不調の中,5年生以下の特に1年生たちの頑張りがあっての結果だった

そのあとの準決勝戦で池島さんにパワーでまさった波市さんだったが,反対のコートで泉尾北さんを下した宮原さんがこの50大会でも勢いそのまま優勝されて相変わらずの強さを見せつけられた。

 優勝  宮原連合子ども会さん(淀川区)
 準優勝 波市KBCさん(港区)
 3位   泉尾北子供会さん(大正区)


18港50決勝トーナメント  18港50優秀選手賞  18港50みんなで


この日の優秀選手賞は,準々決勝戦の最後の場面ですごいプレッシャーだったと思うがその重圧に負けず素晴らしい蹴りを見せてくれた5年生のKanadeがこれからの期待も込めて受賞。
長打が期待できるキック力が付いてきたが,守備でも慣れない外野を良く守ってくれた。
ずっと優秀選手賞が欲しかったそうで照れながらもニッコリ嬉しそうだった。

最後になりましたが・・・,
港区女子キックベースボール連盟の関係者の皆様,今年も朝早くからの準備や進行,後片付けまで大変お世話になりありがとうございました。
この時期にしては例年に比べると暖かい1日で楽しく試合をさせてもらえたことに感謝しています。
また来年もお声掛けて頂けるよう頑張りますので,今後ともどうぞよろしくお願い致します。





2018-12-16 : キック活動日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

頑張れ1年生

港50大会に今年も出場させてもらえることになった。

この大会,プレーする10人の学年の合計を「50以下」にしなければいけないルールがある。
例えば5年生が10人なら‟5”×10人=‟50”と言うことになるのだが6年生を少しでも多く出そうと思えば低学年たちを上手く入れて調整する必要がある。
いろんな組み合わせが考えられるのだが守備位置の兼ね合いもあってこのバランスが難しい。
それが面白いルールには違いないのだが( ̄▽ ̄)

そこで大会に参加できる1年生2人をこの港50大会を見越して少し前から練習してきた。
基本的にはキャッチャーで起用することになるのでキャッチングはもちろん,ホームベースの踏み方,キャッチャーボックスへの入り方なども教える。
1年生だけでなく内野陣の送球の強さもよりていねいに確実に投げれるように繰り返し練習する。
さらに余裕のある外野からの返球は1年生をうしろに下げてカバーに行かせ前衛が素早くキャッチャーに入る練習も繰り返す。

やること多いな~覚えれるかな~

この日も蹴ることよりその練習に時間を割いたので中々サマになってきた。
寒い1日になりそうだし体調不良や怪我など何が起こるかわからないのでいろんな組み合わせを想定して明日に挑もう。

頑張れ1年生

ただ・・・
今晩寝て明日起きて忘れてなきゃいいけど・・・( ̄▽ ̄*)





2018-12-15 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

第3回 ほりかOne!Cup

12/2(日)扇町総合高校グランドで第3回 ほりかOne!Cupが開催された。
いつも仲良くしてもらっている堀川さん主催の大会で,第1回目から毎年参加させてもらっている。

主催チームの堀川さんを始めとする滝川さん・西天満さんの北区3チームと他区から7チーム(玉川さん・海老江西さん・塚本さん・東三国さん・八幡屋さん・御幣島さん・姫里KBC)が2ブロックに分かれて2試合ずつ予選を戦い,各ブロック上位2チームの計6チームが決勝トーナメントへ進出できる和気あいあいと行われる大会である。

第1回大会は八幡屋さんと引き分けて‟ジャンケン10人勝負で3位になったが,昨年の第2回大会は決勝トーナメント1回戦での上福島さんとの対戦で最終回にアウトをひとつも取れずに3点差をひっくり返されて悪夢のサヨナラ負けを喫した・・・。

さてこの第3回大会はいかに

抽選の結果,淀川区の東三国さんと北区の滝川さんと予選で対戦することになった。
さて東三国さんとは今期初対戦であるが去年と違って6年生が少ない。
毎回小刻みに1失点ずつするものの大量失点しない守りで攻撃のリズムを作る。
初回・2回に3点,3回に4点とウチが得意とするつなぐ攻撃で気分がノッて「10-3」でまず1勝する。

次の滝川さんとの対戦も相手のミスからランナーを溜めて,MiyuuAyameの効果的な蹴りなどにより「11-0」で予選2勝してブロック1位抜けすることができた。


18堀川カップ開会式  18堀川カップ朝のアップ  18堀川カップ整列


午後からの決勝トーナメントは予選の順位関係無しに各ブロック上位2チームが再抽選するのでどこと当たるかドキドキ。
キャプテンHinataのジャンケンの強さとくじ運のおかげで「八幡屋さんとvs海老江西さん」の勝者と対戦するシード枠を引き当てた。
ただお弁当を食べたあと午後から3試合も空いてしまうのが気にはなるが・・・。
その1回戦の戦いは,監督不在の海老江西さんに対して終始パワーを見せつけてドンドン点差を広げていった八幡屋さんが勝ち上がった。

さて姫里はその八幡屋さんのパワーに立ち向かえるか
先攻を取られた初回,先頭キッカーを出塁させてしまい2番キッカーをアウトにするものの3番キッカーに2ランホームランを浴びてしまう。
ただいつものように落ち込む様子は無くそのあとランナーを出すものの2失点で何とか切り抜けた。
裏の攻撃,こちらも先頭キッカーSakuraが出塁して1アウト後,1・3塁としたところでセンターフライからタッチアップを狙うが素晴らしい好返球でホームタッチアウトとなりチャンスを逃す

2回は両チームともランナーを出したもののあと1本が出ずお互い無失点。
この時点で「0-2」で締まった試合になるかと思いきや,3回怒涛の攻撃であっと言う間に大量失点。
裏に4番キッカーHinataのレフト線への鋭い打球でようやく1点返すがそこまで・・・。
随所にいいプレーは見られたが攻撃は固い守備に阻まれて「1-10」での悔しい準決勝敗退となった。


18堀川カップ予選結果  18堀川カップ円陣  18堀川カップあいさつ


しかし,これで終わりではなく3位決定戦が行なわれるので気持ちを切り替えて挑みたい。
対戦相手は準決勝戦で玉川さんに敗れた西天満さんである。
初回から足を使って走って蹴って,打者一巡で一気に8得点して流れを引き寄せることに成功。
守備でもその流れを崩さず確実にひとつずつアウトを取っていく。
応援に来てくれた保護者の皆さんの熱い声援にも後押しされる。
そしてチーム全体が盛り上がり勢いそのまま「14-1」で勝利できた。
久しぶりのメダルゲットだが少しチーム状態が下降気味だっただけに素直に嬉しかった

さて決勝戦は「玉川さんvs八幡屋さん」の対戦となったが,結果初回からずっとパワーとスピードで玉川さんを圧倒した八幡屋さんが見事優勝ということでおめでとうございます


 優勝  八幡屋子ども会さん(港区)
 準優勝 玉川連合子供会さん(福島区)
 3位   姫里KBC(西淀川区)


18堀川カップ決勝結果  18堀川カップ3位  18堀川カップ優秀選手賞


決勝戦まで上がれなかったのは残念だが,結果3位ということでメダルをもらえたことは嬉しい。
最近ミスしたあとの元気の無さを何とかしたいと思っていたが,1日を通してどの試合でも元気よく笑顔でチームのみんなに声を掛けて盛り上げていたHinata優秀選手賞に選んだ。

キャプテンらしく雰囲気作りに全力を尽くしてくれたことが素晴らしかった
プレーで活躍することも大事だが,この先の戦いは気持ちの面が重要になってくる時期であり,改めてそういう子に優秀選手賞をあげたいと思った。
そしていい雰囲気を持続できるように保護者の皆さんとも一緒にチーム一丸となっていきたい。

最後に堀川連合子ども会関係者の皆さん,朝早くからの準備と運営ありがとうございました。
今年も楽しい1日になりましたが,いつまでもこの素晴らしい大会が続くことを願ってます。





2018-12-02 : キック活動日記 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

姫里キック隊長

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR