11月の予定

11月の予定です。

11月3日(日) 『姫里ふれあい親子カーニバル』のため練習はお休みです。

11月4日(月) 9:00~13:00 遠征練習試合(大和田小学校)
         姫里コミュニティ広場 8:30集合!自転車で行きます

11月9日(土) 9:00~16:30 通常練習(姫里小学校)  

11月16日(土) 10:00~12:00 通常練習(姫里コミュニティ広場)
11月16日(土) 13:00~16:30 通常練習(姫里小学校)

11月23日(土) 第4回 清原記念大会(南港中央公園)
         阪神姫島駅集合6:35(時間厳守)【開会式 8:00】

11月24日(日) 『第2回 ボーリング大会』 です。
         詳細は別紙にてお知らせします。みんな奮って参加しましょう!


天候も秋らしくなり,少しずつ寒くなってきました。
ケガをしないよう,しっかり準備運動をして練習・試合に挑みましょう!




2013-10-31 : 姫里KBC 月間予定 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

塚本さんでの練習試合

10月最後の日曜日,淀川区の『Team塚本さん』から練習試合のお誘いを頂いた。

過去に何度かあちこちの大会等でお会いしたことがあるにも関わらず,”塚本Kパパさん”の書き込みにもあったように隣の区で,しかも姫里から比較的近い場所でありながら,中々交流させて頂く機会が無く,ようやく今回初めてお伺いさせてもらった。

福島区の『玉川さん』東淀川区の『下新庄さん』,そしてレディースチームの『塚本ドリームガールズさん』が来られており,一日通して5試合の充実した時間を過ごさせて頂いた。

各チームとのご挨拶もそこそこに,いきなりレディースチームさんと”11人制”での対戦がスタート
自分は何となくルールの違いは知っているものの,子ども達にとって11人制は初めての経験で,しかも大人相手で試合になるのかな~と心配していたが,ちょっと戸惑いながらもすごく楽しい試合をさせてもらった。

そのあとはいつも通りの”10人制”で『塚本さん』と対戦させて頂く。
序盤はそれなりに締まった試合をしていたものの,しょーもない走塁ミスや,キッカーの立ち位置を確認できていない守備の位置取りで,そこを上手く狙われて逆転負け・・・。
でも塚本さんの試合の進め方は,いつ観ても本当に色々と勉強になる

そんな試合途中,副キャプテンHaruが・・・,
「みんなに声を掛けているのに,それに対して返事が返って来ないっ
・・・とイライラしだした。
その試合終了後,先週のこともあってキャプテンAsuka副キャプテンHaruの二人主導で,全員を集めてミーティングをさせてメンバー全員で反省させた。
そういう姿勢を自分達発信で少しずつでもできるようになってきたのは,精神的に成長をしてるんだろう・・・と考えると少し嬉しくなった

子ども達のその行動が,次の『下新庄さん』との試合で生かせるか?
それに期待して,次の試合に挑む。

初回に少し動きが悪くて3失点するが,攻撃面では毎回打線が繋がり,その勢いが守備面にもいい影響を与えて,終わってみれば「12-3」の勝利だった。
試合中ミスをしても声を掛け合い,いいプレーにはみんなで盛り上げ,内容・結果ともにナイスゲームだった

ただそのあとの『玉川さん』との試合では,堅い守備に阻まれ,低学年や控えのメンバーを起用したこともあって攻撃面では全く良い所無しの大敗・・・。
う~ん,レギュラー組と控え組との差の大きさも気になるが,やっぱり劣勢になったときの盛り上げ方や声の掛け方がまだまだ不足しているんだと思う。


その試合終わったあと,各チーム4・5・6年それぞれ3人ずつ選出して”ホームラン競争”をしてもらった。
結果30m程の飛距離で,6年生はAsukaHaruが2位・3位を,5年生はAyakaが2位だった。
飛距離を出そうとすると力が入ってよけいに飛ばせないのだろうか???
もともと非力なひめっこ達だが,4年生も含めていつも以上に飛距離が出ずにフライで無くゴロになったり・・・。
試合中,「ゴロを蹴れ!」と指示すればフライを上げるのになぁ・・・

でも各チームみんなが盛り上がり,楽しい時間を過ごさせてもらった。


夕方近くなり,最後にもう1試合『塚本さん』と対戦させて頂いた。
お互い低学年を出場させていたこともあって,取って取られてのシーソーゲームで,最終回に姫里が2点勝っていたが,経験を積ませようとその裏,キャッチャーとして2年生のYuzuを初めて起用した。
2年生ながら走る姿に躍動感があって一生懸命ルールを覚えようとする意欲があり,チャンスがあれば試合で出してあげたいと思っていた。
先日の大和田ドリーム杯にも一瞬だったが代走として出場した。

いきなり内野から返球したボールが顔に直撃したが,泣くのをこらえてプレーを続ける根性も見せてくれた

本人はもちろん緊張していたが,それを観ていたママも本人以上に”ドキドキ””そわそわ”しただろう。
でも緊張感のある中でプレーできたことは,Yuzuにとっていい経験になったはず。
頑張って練習していれば試合に出れると感じてくれただろうし,努力する子には学年関係無く試合に出場できるチャンスを与えてあげたいと思う。

試合は3失点されサヨナラ負けだったが,練習試合なので勝ち負けよりも,キャッチャーが2年生であることを意識して周りのメンバー達が気遣う優しさを見せたプレーをしてくれたことが収穫だった。

そのYuzuママも含めて,初めて観に来た保護者の応援もあり「すごい盛り上がって楽しかったですっ!」と喜んでもらえた。
これを機会に,ママさんたちも普段見れない子どもの頑張っている姿をもっと応援しに来てくれたらなぁ~。

塚本練習試合


最後に,今回お誘い頂いた塚本N監督・Kパパさんをはじめ,従事者の方々には大変感謝致します。
子どもたちも,我々従事者一同も本当に充実した楽しい一日を過ごすことができました。
これを機に,今後ともお付き合いの程よろしくお願い致します。

お世話になり本当にありがとうございました。



2013-10-27 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

声出し練習

唐突だが・・・
とにかく”ひめっこ”たちは返事ができない

監督やコーチたちに言われたことに対して素直に『ハイッ!』って言えない・・・ 
みんながみんな,そうでは無いのだが”チーム”として見た場合そう感じざるを得ないのが事実。

こちらから発した言葉に対して,『なんで~?』とか,『えっ~?』とか・・・。
以前のように『ムリッ!』と言うのは,僕が散々「一番言ってはいけない言葉」と言い続けてきたからかどうか,最近あまり聞かなくなったのだが・・・。

どんな時でもまずは一回 『ハイッ!と元気に言おうぜっ。

以前から気にしていたこともあって,雨で体育館練習だった週末に,Mコーチが久しぶりに”声出し”の練習をした。
みんなを横一列に並ばして,キャプテンから順にお腹から大きな声で返事をさせる。

『ハイッ!』,『ハイッ!』,『ハイッ!』,『ハイッ!』,『ハイッ!』・・・

短くて気持ちのいい返事が体育館に響き渡る。
みんなその気になってやればできるんやん・・・と感じながら・・・。
なのに,練習や試合中には声がでなくなるんだよなぁ

キビキビした動きや,小気味いい返事はチームの雰囲気を盛り上げ,見ている方も気持ちよく応援したくなる。
姫里もそんなチームになれるよう,しっかり声を出したり返事ができるように指導して行かなければ・・・。
これからも『はぁ~い』じゃなくて,気持ちイイ『ハイっ!』と言う返事を続けて行こうな!

来週になって元に戻っていないことを祈りつつ・・・



2013-10-20 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

住之江親睦リーグ 10月戦 ~午後~

午前中いろいろあったが,お昼ご飯も食べたし,気持ちを切り替えて午後からの試合に挑む。

・・・で,昼一番の本日2試合目は,あちこちの大会で常に上位に入る強豪『平林エンジェルズさん』
相変わらず堅実な守備と,強くて速いプッシュを上手く決められ点差が開いて行く。
回を重ねるごとに,みんなが浮き足立って大量失点する悪いパターン・・・。

そんな中,体調不良で欠席していた副キャプテンHaru「元気になった」とお母さんに連れられやってきた!

最終回での攻撃,ランナーが出たところで,ここぞとばかりに代打として送り出す。
ベンチもまるで勝っている試合かのように応援ムードは最高潮

そして見事みんなの期待に応え,強烈な蹴りでランナーを返した。
それに続くかのように,攻撃をたたみ掛けるが・・・時すでに遅し。
残念ながら前半の大量失点が響いて,敗戦となった。

ただ,来てすぐに結果を出すのもすごいが,チームの雰囲気を一気に変えたのもすごかった。
また,平林さんからは”前3のAsuka”の動きが良くなった・・・と褒めて頂いた。
お昼の出来事から,キャプテンとしての自覚を改めて感じて,気持ちの面がプレーに表れたのだと思う。
やっぱり,キャプテン・副キャプテンの存在は,チームみんなの精神的な部分に影響を与えるもんなんだな~と改めて感じた光景だった。

次の試合まで余裕があったので,その間に遅れてやって来たHaruを呼んで,午前中にあった一連の出来事を話した。
Haruは真剣な表情でひと通り話を聞いた後・・・
『私も朝から一緒に来てたら良かったな・・・』
ポツリそう言った。

いかにもHaruらしいAsukaや他のみんなを気遣う一言だったが,
『いや,それは違うよ。正直Haruが居たら違う状況になっていたと思うけど,Haruが居なかったからAsukaが何とかしなければ・・・という状況が生まれたと思うし,今日の出来事はこれからのAsukaの精神的な部分の成長に繋がって行くと思うよ。』
・・・と説明した。
キャプテン・副キャプテンという立場もあるが,その前から相手のことを思い合って,お互い不足している部分を補って成長してきたと思う。
Asukaが困っている時にはHaruが助けてきたし,Haruがイライラしている時にはAsukaが冷静に声掛けをしてきた。
ただこれから成長していくうえでは,どんなに仲が良くてもお互いが居ない時もある訳で,そういう意味では今日の出来事は彼女らが成長していく上で良かったんだと思いたい。


そのあとの3試合目は,『福島キッズさん』との対戦だったが,事前に小技よりも強打で勝負してくるチームである情報を得ていたので十分対策を練って対戦させてもらった。
外野を強化し守備を固め,初回・2回こそ2点ずつ失点されたが気持ちを切らさず集中力を持続して,2回・3回に得点を重ねて逆転をした。
この試合では,みんなが声を出し,声を掛け合いこれまでのことを払拭する雰囲気で試合を進めたみんなでつかんだ勝利だった。

そんなムードで毎回試合に挑めれば,もっと勝てる試合が増えるのにな・・・と思いながら終えた一日になった。
返事やあいさつがきちんとできない姿勢を修正してあげられないことや,練習内容がまだまだ甘いことに指導者としていつも反省している。
だからこの夏以降,子ども達への声の掛け方や具体的な説明の仕方,基礎となる部分の練習内容の見直しを図り,チーム力を上げるための努力をしてきたつもりだ。

すぐに結果に繋がらないのはよ~く分かっている
だから,焦らずひとつひとつ”何度”も”何度”も同じことを言い聞かせ,繰り返してやって行くしかない。

子ども達に言っているように,
『努力は必ず結果につながる
・・・と自分自身にもいい続けながら。
このあと1ヶ月程しばらく大会から遠ざかるが,従事者一同気持ちを切り替えてチーム作りをして行こう


そんな訳で・・・

厳しい練習にも,コーチ達を信じてしっかりついて来いよ~っ

ただし・・・文句は言うなよ・・・



2013-10-14 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

住之江親睦リーグ 10月戦 ~午前~

10/14(月・祝)体育の日,西区の九条北小学校で『住之江親睦リーグ 10月戦』が行われた。

しかし・・・

九条北小学校に到着していきなり,週末からずっと我慢に我慢をしていた怒りが爆発した

試合前,順番に名前を呼んで背番号を手渡していった。
返事する声が小さくてちょっと不満があるメンバーもいたが,6年生・5年生まではまだ我慢できた。
問題は4年生だった・・・。
背番号を手渡しても返事は聞こえるか聞こえないかぐらいの小さい声やし,こっちを見ないし・・・。

土曜日の練習中・・・前日の大和田ドリーム杯のあと・・・チーム全体として声が出ていないことや周りに声を掛けられていないことを散々言ってきたのにも関わらずである。
人前で声を出すことが苦手な子もいるが,自信を付けてあげればそれも可能だと思って,技術的な面だけでは無くそういう指導もしているつもりなのだが。
練習の休憩中には騒がしくてうるさいほど大きな声を出せているんだから・・・。


『今から試合やる気無いんかっ!
『自分達で声出すって約束したんちゃうんかっ!
『何で声を出して自分で自分の気持ちを盛り上げへんねんっ!!



ただ試合に「出たい出たい」と言うだけでは試合に出すことはできない。
自分自身で変わって行こうとするそういう部分の努力をして,試合に対する意気込みを伝えて欲しい。
今からまさに試合が始まるというのに,『勝つぞ~っ!という雰囲気が伝わってこない。
いつもできるだけイイ雰囲気で試合に挑めるように・・・と前向きな言葉を掛けることをやってきたつもりだが,そんな状態でチーム全体の雰囲気が良くなる訳も無く・・・。

1試合目の,『海老江東さん』との試合では,後半少し盛り返すも「5-10」での敗戦・・・。
ベンチから大きな声を出して応援&指示するものの,試合中にチームの元気を取り戻すことはできなかった


その試合のあと,恒例の低学年による『ジュニア戦が行われた。
姫里からは6人を選出し,残りのみんなが応援に行った。

昼からの準備と,キャプテンAsukaが鼻血を出したと言うことで,僕自身『ジュニア戦』は所々しか観れなかったが,プレーはまだまだながらも一生懸命ボールを追っかけている姿が見れた。
『ジュニア戦』が終わってから,その6人を集めてコーチ陣が褒めている時だった・・・。


その後ろで,監督に怒鳴られている他のメンバー達のたたずんでいる姿があった。

どうやら『ジュニア戦に応援に行くと言いながら,最初から最後まで応援をしていたのはごく一部のメンバーで,それ以外は試合を見ずに遊んだり,ワーワーしゃべっていたらしい。
「お前らが試合している時はベンチから一生懸命応援してくれているのに,低学年たちが試合している時には何で応援してやられへんねんっ!」

これもいつも言っている当たり前のことである。
チームの一体感とはそういうことができるかどうかだが,姫里にはそういう部分が不足していると感じる。

そんな監督の問い掛けに誰も返事が無い・・・。
何も言わないメンバーたちに監督が「6年!」と返事を促すが反応は無かった。

こういう時に,いつも何かしら声を出すのが副キャプテンHaruだが体調不良で本日不在
黙って見ていたが,そのまま時間が過ぎて行くだけの雰囲気に耐えられず,キャプテンに声を掛けた。
・・・が,その場のプレッシャーに負けたか,どうしていいか分からず泣き出した・・・

そのあと監督が「昼から帰る!」と言ったが,子ども達の反応が無いことに呆れて昼ご飯を食べるように言ってその場を解散させた。

こういう時にどうすることがキャプテンなのか・・・それを理解させるべきかとAsukaを呼んで話をした。
キックを始めた時から,いつもHaruと二人で一緒にお互いの不足している部分を助け合ってやってきたのは分かっている。
”走攻守”に渡り,5年生以下のメンバーが憧れる存在になった。
(まだまだ伸び代があり,コーチ的には満足していないが・・・

でもプレーだけで無く,気持ちの面でも強くなって素晴らしいキャプテン・副キャプテンだと言われて欲しい。

確かにその場にいなかったかも知れないが,キャプテンとは自分が悪く無くてもこういう時こそみんなの代表として前に出るべき立場だ。
今まで助け合ってきたHaruがいなくても,勇気を出して自分の言葉で,キャプテンとして,チームの代表として何かを言わなければいけない。
この先もそういう場面があるだろうし,自分ひとりで乗り切れる精神的に強い部分の成長を期待している

そういうことを伝えて,このあとどうするかキャプテンとしてみんなをまとめるよう指示をした。


お昼ご飯を食べ終わった後,監督の前にメンバー全員を集めて,キャプテンとしての言葉で,『試合に出ているメンバーも,応援しているメンバーも,これからはチーム一体となって大きな声を出して全力でプレーをする』ことを約束した。
それを聞いて,監督も「昼から帰る」という言葉を撤回した。

何度も言うが,6年生にとってキックができるのもあと半年。
今日をきっかけとして,Asukaがキャプテンとして精神的に成長してくれることを期待しつつ・・・。

頑張れキャプテン!


・・・ということで,長くなったので午後に続く・・・。




2013-10-14 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

大和田ドリーム杯 ~番外編~

同じ西淀川区の『出来島ガールズさん』は,部員が6人でメンバー不足により試合ができない状況にある。
定期的にしっかり練習されているのに,試合ができないのは子ども達があまりにもかわいそうだ・・・

そんな状況を配慮した大和田さんの提案により,大和田さんから2名・姫里から4名を選出して出来島さんとしてチームを編成し,大和田ドリーム杯に参加することになった。

姫里から選出した4名は監督・コーチ陣で相談して悩んだあげく,5年生のYua&Nana,4年生のAyumi&Misaki となった。
出来島さんのユニフォームを着て試合をすることにちょっと抵抗はあったようだが,普段なかなか試合に出れないメンバーだっただけに4試合できたことは,とてもいい経験になったことだろう。

内容は置いといて,結果は全敗だったものの出来島のメンバーを含め,一生懸命に試合をしている楽しそうな姿が印象的だった。

出来島ガールズのS監督,今回は大変お世話になりました。
これからも一緒に試合や練習できたらいいですね~。

同じ西淀川区のチームとして,”ひめっこでご協力できることがあれば,また声を掛けて下さいね



2013-10-13 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

第9回大和田ドリーム杯

10月13日(日)西淀川区中央コミュニティ広場にて,『第9回大和田ドリーム杯』が開催された。

全16チームの参加で,午前中は4ブロックに分かれて4チーム総当たりの予選リーグが行われた。
各ブロック上位2チームが,決勝トーナメントに進出できる。

抽選の結果,東住吉区の『今川連合』さん・大正区の『泉尾北』さん・旭区の『古市レインボー』さんとの対戦となった。
どこも強豪チームで,今の姫里の実力では太刀打できないのは分かっていたが・・・。
(当然,子ども達にはそんなこと言える訳もなく・・・

結果は予想通り(?)当たり前のように3連敗・・・

どのチームもキビキビした動きと大きな声で,本当にしっかり鍛えられているな~と感じた。
ひめっこ達は,まず声が出ない(出せない?)し,攻守にわたり1歩目が遅いし・・・

そういう基本がきちんと指導できていないことに大いに猛省せざるを得なかった・・・
ただそういった中にも,練習の成果が出ているメンバーもいたし,声を出しているメンバーもいた。
チームとしてはまだまだだったが,全てが全て悪かった訳では無い。

午後から行われた,同じ西淀川区の『舟西ファイヤーズ』さんとの交流試合では,ようやくチーム全体としてそういう面が出て勝たせて頂いた。
ただ,いつものことだが1試合目からやって欲しいよな~

そんな中,3年生のManaと2年生のYuzuが少ない機会ではあったものの,試合という緊張感のある中で全力でプレーできたことがいい経験になったことだろう。
本人達も「緊張したけど楽しかった~と笑顔で言ってくれた。

ちなみに,各チームから一人を選出する『優秀選手賞』は,5年生のAmi でした。

今までもレフトで誠実なプレーをしていたが,この夏ファーストにコンバートしてからも安心して任せられるプレーはもちろん,チーム全体に声を掛けるようになった。
今大会でも全試合を通じて大きな声を出していた姿を見せてくれたのが優秀選手になった理由です。
6年生に気を使わず,これからもチームのみんなを引っ張って行ってね~。


大和田ドリーム杯  大和田ドリーム杯全員


最後に・・・。

対戦して頂いたチームの皆さん,本当にありがとうございました。
弱小ながら我々従事者も含め,子ども達が楽しく試合できたことに感謝しています。

また今大会でお世話になりました大和田SMGの皆様,朝早くから大会運営頂きありがとうございました。
そして決勝戦での素晴らしい試合を制しての”優勝”おめでとうございます。

今後とも”姫里KBC”をよろしくお願い致します。





2013-10-13 : キック活動日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

運動会

今日は,姫里小学校の運動会だった。
台風による天候が心配されていたが,朝から汗ばむほどの晴天に恵まれた。

どの学年もこの日のために一生懸命練習した成果を発揮し,走ったり,踊ったり,元気一杯の姿を見せてくれた。
そして競技だけでなく,競技の準備やアナウンスなど『裏方さん』として陰ながら活躍している様子にもそれぞれ成長の姿が見られた。

4年生になる息子の”Yoshiki”は,一応足には自信があるのだが,普通に走るだけでは無い『障害物競争』なので2位という結果に納得していない様子で・・・。
でも4年生の団体演技の『御神楽』では全身を大きく使って力強く舞う元気な姿が見られた
今年は骨折と病気で3回も手術をした辛かったことを思い出して,全力で演技している元気な姿に目をウルウル潤ませてしまった・・・

つくづく思うが,何より健康で元気なことが一番です。


さて5・6年生のリレーの応援では・・・

キックメンバーの名前を思いっきり声を出して応援したが,そのつど周りの子ども達と保護者に振り向かれてちょっと恥ずかしかった
・・・が,頑張っている姿に大声を出さずにいられなかった。
きっと走っている子ども達に声は届いていないだろうけど・・・


そして6年生最後の見せ場である『組体操』では・・・

こちらの姿を見つけて最初は照れた表情を見せていたが,さすがに演技を行う集中力は高く・・・
知らず知らずのうちに子ども達の演技に引き込まれていった・・・

そしてラストの男子・女子それぞれが造った『人間ピラミッド』では,一段一段真剣な眼差しでピラミッドを形成していくその姿は素晴らしく心から感動した

運動会は,キックメンバーを含めた『最高のパフォーマンス』で幕を閉じた。
どの学年も先生達の指導のもと,一生懸命1か月間練習した成果を見事に発揮することができていた。

6年生の皆さんへ

運動会ラストの組体操では,皆さんの協調性と真剣な姿にすごく感動しました。
卒業まであと半年ですが,これからも自信を持って小学校生活を悔いの無いよう楽しんで下さいね。


最高の運動会でした



2013-10-06 : 学校行事・子ども会行事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR