FC2ブログ

12月の予定

12月の予定です。  ★12/16更新★

12月1日(土) 8:30~12:00 遠征合同練習(御幣島小学校)
         姫里コミュニティ広場 8:30集合 選抜メンバー 自転車で行きます
12月1日(土) 8:45~12:00 通常練習(姫里小学校)
         4年生以下 午前中のみ お弁当は不要です

12月2日(日) 第3回 ほりかOne!Cup(扇町総合高校グランド)【3位】
         姫里コミュニティ広場 6:45集合 選抜メンバー 車で行きます

12月8日(土) 8:45~16:30 通常練習(姫里小学校)

12月9日(日) 姫里地域のもちつき大会(練習はお休みです)

12月15日(土) 8:45~12:00 通常練習(姫里小学校)
         午前中のみ お弁当は不要です

12月16日(日) 第11回 港50大会(八幡屋公園多目的グランド)【ベスト8】
         姫里コミュニティ広場 6:30集合 選抜メンバー 車で行きます

12月22日(土) 8:45~18:00 姫里KBC クリスマス会(姫里小学校&コミュニティ会館)

12月23日(日) 8:45~12:00 通常練習(姫里小学校)
         午前中のみ お弁当は不要です

12月24日(月) 住之江親睦リーグ 最終戦(住之江区平林小学校)
         姫里コミュニティ広場 7:15集合 選抜メンバー 車で行きます

12月29日(土) 8:45~12:00 通常練習(姫里小学校)
         午前中のみ お弁当は不要です

------------------------------
1月13日(日) 第14回 大和田カップ
1月14日(月) 第11回 住之江親睦リーグ クライマックストーナメント大会
1月27日(日) 第3回 新北野校下親善大会

いよいよ今年も終わりが近づいてきました。
体調に注意して,悔いの無いように過ごしましょう





2018-11-30 : 姫里KBC 月間予定 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

第8回 清原記念大会

毎年恒例の11/23(祝・金),南港中央公園グランドで第8回 清原記念大会が開催された。

コート設営のためチームのみんなより先にグランドに行ってみてビックリ
夏の台風で南港付近は大きな被害があり,いつも本部にしている所の屋根が吹き飛ばされていた。
今年は酷暑や地震や台風などの大きな自然災害があったことを思い出す。
今こうして無事に平和にキックベースができていることを幸せに感じなければ・・・。

今大会に参加の”42チーム”が4ブロックに分かれて予選を3試合行ない各ブロック上位4チームの計16チームが決勝トーナメントへ進出できる。
住之江親睦リーグ主催ということで,リーグ前半戦の上位8チームが各コート責任として割り当てられて姫里は4位のため”Dコート”となったがこれまたグランドを見てビックリ。
何と内野が草ボーボーなのだった
夏の曽谷杯も同じような感じでチクチクする草がたくさん生えていて苦労したが,今回もコートに恵まれず小技の転がり具合と内野陣が足を取られないか心配である。
まぁ相手チームも同じ条件なのだが・・・。


18清原記念大会開会式  18清原記念大会整列  18清原記念大会円陣


今回から試合を早く進めるために「予選5点チェンジ」が採用されているので注意しなければ。
まず予選1試合目はいつも仲良くしてくれる石○監督率いる堀川さんとの対戦。
今期公式戦での初対戦だが「打倒姫里」といつも言ってくれるので初戦から本気モード
立ち上がり1失点するが,裏の攻撃ではアウト1つ取られただけでみんなが繋ぎ5点チェンジ。
に足を取られながら1失点するものの,2回はアウト取られること無く7連打で5点チェンジ。
守備もだんだん安定しだして3回には1点追加してそのまま「11-2」で勝利した。

2試合目は南港マリナーズさんとの対戦。
これまで何度か対戦させてもらって負けたことが無かったのだが,さすが‟11人制キック”を主体とされているチームだけあって強打で攻められる。
外野の前へ間へと連打されて満塁ホームランなどであっと言う間に「1-9」での敗戦となった。
強打で攻められると後ろ後ろに下がってしまい定位置に帰って来ない外野陣だった・・・

3試合目はいつもお会いするたび練習試合しましょうと声を掛けてくださる中泉尾さん
予選突破するためにはこの試合を絶対に勝たなければいけない。
先日の旭区親善大会では素晴らしい試合運びで準優勝されているので気を引き締める。
初回,やっと決まりだした小技でランナーを溜めて5・6番キッカーの良い当たりで3点を先制。
2失点したものの中泉尾さんの蹴りに警戒しながら攻めの守備を見せ「4-2」で逃げ切った。

ところが・・・予選を終えて同じブロックに2勝1敗の5チームが並んだ激戦となり・・・,
結果,得失点差で及ばずブロック5位で春先の大会以来,久しぶりの予選落ちとなった・・・。

とにかく予選2試合目の失点が痛かった・・・

予選3試合を通してメンバーたちはミスをしたあとも声を掛け合って,プレーでも自分のベストを出そうとしている気持ちは伝わって来ていただけに残念。
蹴り・送球・捕球ともここぞと言うときにミスが目立ったので集中力を高めて練習あるのみだな。

この日は同じ西淀川区の御幣島さんも出場されていたがメンバーが2人不足しているということで,4年生のKaren,3年生のMiokoをヘルプメンバーとして出場させてもらった。
予選3試合をフルに出場させてもらえてすごくいい経験をさせてもらえたことに感謝です。
御幣島さんのユニフォームも着せてもらえて,ピンクも中々似合ってるね


18清原記念大会御幣島へ  18清原記念大会みおこ  18清原記念大会かれん


昼ごはんを食べたあとは久しぶりに悲しい交流戦・・・
下新庄さんとの対戦では5年生2人の代わりに4年生を起用した。
結果はどうあれ4年生たちにも来年のことを見据えていろいろ試したくなる。
そう言った意味では下新庄さんには申し訳なかったが経験を積む場にさせてもらった。
せっかくなのでそのあともう1試合,御幣島さんとも交流戦をしてこの日は楽しくこれで終了。

さて本線の決勝トーナメントは各コートで熱い戦いが繰り広げられた。
これまで時間制限が無いため各コートの試合進捗がバラバラになりがちだったが,今回は5点チェンジのルールのおかげもあって順調に試合が進んでいった。
当然のように決勝トーナメントに上がったチームもあれば,常連チームが予選敗退したりもした。
でもやっぱり上がらないと楽しくないよね・・・と言うことでその結果は・・・

  優勝  宮原連合子ども会さん(淀川区)
  準優勝 今津子供会さん(鶴見区)
  3位   波市KBCさん(港区)
  3位   玉川連合子ども会さん(福島区)

中でも宮原さんは予選から決勝戦までの6試合で失点たったの”1”という驚異的な守備力で勝ち上がり,決勝戦でも確実に得点を重ねて完璧なまでに優勝されたのだった。
めちゃめちゃ大きな子がそろってる訳でも無いのに,とにかくスピードが速く,攻撃でも守備でも全員が確実なプレーをしていた。


18清原記念大会予選結果  18清原記念大会決勝結果  18清原記念大会優秀選手賞


最後に各チームから選出する本日の優秀選手賞は・・・該当者無し

・・・と言う訳に行かず,残念ながら姫里チームで賞に値する選手はいなかったので,ヘルプメンバーとして御幣島さんで1日頑張った3年生のMiokoとした。
ファーストで内野からのボールを一生懸命にキャッチし何度もアウトを取っていた。
御幣島の指導者の皆さんもそれを聞いて喜んでくれていた
当の本人は閉会式で名前を呼ばれた瞬間”キョトン”としていたが,全試合ファーストとして起用してもらってかなり活躍していたので今後は姫里のレギュラーたちも危ういな( ̄▽ ̄)

最後に住之江親睦リーグ実行委員の皆様,参加された各チームの皆様,朝早くのグランド整備から夕方までお疲れ様でした。
毎年閉会式には暗くなってましたが今回は明るいうちに終われて良かったです。
各チームともまだまだ対戦があると思いますので,今後ともどうぞよろしくお願い致します。





2018-11-23 : キック活動日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

メンバー増加作戦実施中

子どもたちにはもちろん,保護者にも声を掛けさせてもらったおかげだろうか
先週土曜日は‟3年生1人”と‟5年生1人”が,この日は双子の‟4年生2人”が体験に来てくれた。

何にしてもまずは体験に来てもらうことが重要
友達に誘われて行ってみようかな・・・と思いながら中々踏み出せないことが多いと思う。
でも来てもらえればよっぽど「体力的についていけません」・・・って子じゃ無い限り楽しませて入部してもらう自信はあるんだけれど( ̄▽ ̄)ニヤリ
最初は訳がわからないままアップの時点でついて行くのがしんどい〜って言う子も紅白戦などやってキックベースボールの楽しさを知ってもらうと帰る頃には「また来たいと言ってくれる。

新しい場所に飛び込むのは大人であっても子どもであっても中々勇気のいることで・・・

特別何かをやってる訳ではないが,何よりチームのみんなが体験に来てくれた子に対して優しく教えてあげたり声を掛けたりしてるからこそ楽しくできそうな雰囲気で入部してくれるんだろう。

後日,体験した子の保護者からは・・・
「すごく楽しかったと言ってますが,翌日笑うほど筋肉痛でした」と聞くのが体験あるあるである。

メンバーはいないよりたくさんいた方が良いに決まってる。
・・・と言うことで‟メンバー増加作戦”でまだまだ人数が増えてくれることを期待したい





2018-11-18 : キック活動日記 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

住之江親睦リーグ11月戦

11/4(日),敷津浦小学校で住之江親睦リーグ11月戦が行なわれた。

午前中2試合がリーグ対象戦で1試合目は築港さん
初回から築港さんのすごい猛攻で手も足も出ずいきなりの7点チェンジ。
攻撃もランナーは出るもののあとを抑えられてしまう。
回を重ねるごとに失点が広がりチームは盛り上がることができずそのまま「6-18」の大敗であった。

気を取り直して2試合目は波市Jrさん
相手は低学年チームなので得点できるがキックの精度はよろしく無い。
HinataYuiのソロホームラン,Miyuuの3ラン2本なども見られたが守備でのミスも多かった。
結果「25-1」と勝たせてもらったが集中できているとは言い難い。

午後からは副キャプテンが用事で帰るし,田中さん波市さん清江さんとの3試合が全て練習試合になるのでレギュラーを2~3人外して代わりに3・4年生を入れていろいろ試してみた。
6年生を2人ずつベンチに下げて声を掛けさせたり,試合を観て気付くこと話させた。
2勝1敗だったが3・4年生たちは試合経験を積めたし,それなりの内容だったので良かったと思う。

いつも試合に出ているメンバーが視点を変えてベンチからチームが戦っている姿を観るのも何かつかむキッカケになるんじゃないかと思ったりするのであった。
次の大会で何らかの形で活かしてくれたらいいんだけどなぁ〜





2018-11-04 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

下を向かない・向かせない

金曜日の夜,ナイター練習を行なった。
さすがに夏のナイターと違ってちと寒い・・・
残念ながら塾や体調不良のメンバーがいたが4年生以上11人で練習できた。

そのメンバーたちに練習の合間,最近気になっている2つのお願いをした。
まずひとつ目は‟5年生以下のメンバー増やす作戦”を実行するように・・・と。
特に5年生2人は寂しいので,キックに興味がありそうな子にドンドン声を掛けよう
もちろん何年生でもOK
仲良しの友達を連れて来てくれることに期待( ̄▽ ̄)

もうひとつは‟ミスをしたときの声の掛け方”について。
今年のチームは真面目な子が多いからなのか,元気で勢いがあるときとミスして落ち込んだときのチーム全体の雰囲気の差がかなり大きい。
たったひとつのミスで勝っていた試合の流れを立て直せず気持ちで負けてそのまま試合も負けてしまうパターンを何度も経験してきた・・・。

子どもたちは試合中にミスや失敗をする。そして下を向いてしまう。
エラー,暴投,ミスキック,サインミス,暴走・・・言いだすとキリがない。
失敗したり気持ちが落ち込んだら大人でも下を向いてしまうんだからそれが普通なのだと思う。

ではなぜ下を向いてはいけないのか

下を向いたままプレーをすればそのミスを引きずったままプレーをすることになる。
その結果また同じようなミスをしてしまう・・・。
下を向いたままプレーをすれば視野が狭くなる。
アウトカウントはいくつ?・・・ランナーはどこにいる?・・・みんなの守備位置は?
状況確認が重要なキックベースボールなのに視野が狭ければ判断が鈍ってしまう。

だからみんなにお願いしたことは・・・
「ミスした子に声を掛けるときはちゃんと振り向かせろ
「顔を上げさせて目を見てからさらに声を掛けろ


ミスをした子には必ず顔を上げさせてから目を見て声を掛けてあげて欲しい。
その時はもちろん笑顔がいい
仲間の笑顔が何より気持ちを落ち着かせ安心するはずなのだ。

逆にミスした子は下を向かないで周りの仲間を見てみよう。
ミスして落ち込んだ状態ですぐできることではないのはわかっている。
下を向いたままでも返事はできるがこれからはそれをやめよう。
一緒に練習をしてきた仲間と声を掛け合うことはどんなものより勇気を与えられると思う。
そう言った積み重ねがきっとチームの雰囲気を良くするのだ。

勢いに乗ってるときはハイタッチしたりして盛り上がって当然
ミスして落ち込んでるときに仲間がどれだけいつもどおりの気持ちに戻してあげれるか
それが大切なんじゃないかと思ってのお願いなのであった。





2018-11-02 : キック活動日記 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

姫里キック隊長

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR