FC2ブログ

6月の予定

6月の予定です。  ★6/22更新★

6月1日(土) 8:45~12:00 通常練習(姫里小学校)
        午前中のみ お弁当は不要です
        
6月2日(日) 第7回 港∞カップ(港区築港小学校)【予選敗退】
        姫里コミュニティ広場 6:45集合 選抜メンバー 車で行きます

6月8日(土) 13:30~17:00 御幣島さんと合同練習(姫里小学校)
6月8日(土) 午前中は小学校行事“ひめっこまつり”です

6月9日(日) スマイルカップ~令和記念大会~(淀川区新高中央公園グランド)【ベスト8】
        姫里コミュニティ広場 7:00集合 選抜メンバー 車で行きます

6月15日(土) 8:45~12:00 通常練習(姫里小学校)
        午前中のみ お弁当は不要です

6月16日(日) 第7回 武庫川女子大学附属中学・高等学校長杯(浜甲子園グランド)
        姫里コミュニティ広場 7:15集合 選抜メンバー 車で行きます

6月22日(土) 8:45~12:00 通常練習(姫里小学校)
        午前中のみ お弁当は不要です

6月23日(日) 住之江親睦リーグ 6月戦(住之江区平林小学校)
        姫里コミュニティ広場 7:00集合 選抜メンバー 車で行きます

6月29日(土) 8:45~12:00 堀川さんと合同練習(姫里小学校)
6月29日(土) 13:00~17:00 通常練習

------------------------------
7月7日(日) 住之江親睦リーグ 7月戦
7月15日(月) 曽谷杯大会


6月は毎週のように大会やリーグ戦が目白押しです。
練習強化月間となるので暑さに負けずレベルアップできるよう全力で楽しもう





2019-05-31 : 姫里KBC 月間予定 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

住之江親睦リーグ 5月戦

5/26(日)西区の九条北小学校住之江親睦リーグ 5月戦が行なわれた。

本来なら4月に開幕戦があったのだが,子ども会行事である”大阪市子どもカーニバル”への参加と重なってしまった・・・ので姫里にとっては今日がリーグ戦の開幕となった。
しかし毎年恒例の全チームキャプテンが一斉にロングキックをしてからリーグ戦をスタートする始球式に参加できなかったのは非常に残念・・・

昨年度はリーグ年間順位”4位”,クライマックストーナメント大会”3位”と言う成績を残すことができたが,さて今年度はどうなる
ただメンバー不足に悩まされているチームも多くて,ウチもメンバーの数は多いと思いきや今期は低学年を入れてのチーム構成による参加になる。

さて今期最初の対戦は毎年のことながら強豪の波市さん
今期もメンバーがしっかり揃っていて仕上がり具合もバッチリの様子。
初回からいきなり3ランホームランを含む6連打で6失点。
さらに次の回もその次の回も小技と外野へのライナーを連発されて毎回失点・・・。
反対にウチはランナーを出すものの得点にはつながらず終わってみれば「0-22」のボロ負けだった。

完全に試合前の準備不足久しぶりにメンバーを集めて雷を落とした。
誰もが自ら進んで動かずアップまでの準備を人に言われるまでダラダラ過ごす。
試合中でも自分がアウトにすると言う気持ちが伝わって来ずボールを弾いたらそれっきり,ランナーコーチも誰かがやってくれるだろうと完全に人任せ。
それでは試合になるはずも無く対戦チームにも失礼である。
全員で反省をして次の試合をどうするのかを話し合いするよう伝える。

子どもたちだけの話し合いが終わりキャプテン&副キャプテンが次に向けて意気込みを伝えに来た。
技術的なことはさておき,常に試合に対して挑む気持ちを強く持っていて欲しい。
我々指導者も気持ちを引き出せるよう声を掛けながらこのあとのメンバーたちの様子に期待しよう。

さて気持ちを切り替え2試合目は海老江西さん
相変わらず得点力不足だが3回に何とか2点をあげるものの毎回の失点は抑えられない。
初回1失点,2回3失点,3回4失点と徐々に得点差が広がり「2-8」での敗戦だった。
まだまだ声も出ていないがさっきの試合よりは少しだけ前向きな様子が見られた。
途中,サードのエラーが続いたのでメンバーチェンジをしようとベンチに残っている4人に,
「サード行ける人」と聞いたときに4年生のHonoが誰よりも真っ先に,
「ハイッと元気よく手を挙げたのが気持ち良かった。
できるできないの前にそう言う積極的な姿勢が嬉しいしそんな子こそ試合に出してあげたくなる。

そのあと修学旅行の疲れだろうか,6年生がしんどくなったり鼻血を出したりで体調不良気味・・・。
そんな中,3試合目は波市Jrさん
5年生以下のチームながらその前の平林さんとの試合では,途中追い詰めてあの平林さんが思わずヤバイ!と言う展開になったんだとか
でもそんなことは子どもたちには伝えず試合開始。
初回に2点取ったものの確かに5年生以下とは思えぬ素晴らしい動きで7点チェンジを喰らうし抑えるところはキッチリ攻撃を封じられて「2-10」で負けてしまった。
まずはウチもそのレベルまでレベルアップできるよう練習あるのみ


1905住之江リーグ整列  1905住之江リーグ試合中  1905住之江リーグ試合前


お弁当を食べて気持ちを切り替えて午後からはまず清江さん
初回に2失点するものの,その裏の上位打線がつないで下位打線が相手のミスを誘う小技の連続でようやくつながりだして一気に6得点として逆転。
ただ7点チェンジまであと一歩のところで決定打不足が残念。
それでも毎回2失点ずつしながら要所を抑えてリズムを掴み「13-6」でようやく初勝利

しかしそのあとまた暑さでのぼせたのか鼻血を出す子が続出,さらにケガも・・・
最近アウトが取れるようになってきた期待のショートReiが鼻血を出してダウン

そんな厳しい状況の中この日最後の対戦は九条北さん
昨年度はいい試合をさせてもらったが今年度は一方的にやられそうである。
キッカーにより守備位置をあちこち動かして対応するが九条北さんのパワーを抑えきれない。
4回の攻撃で3番Satoneの目が覚めるようなセンターへのスリーベースヒットで少し流れを引き寄せたか(本当はレフトへの蹴りを指示したのだが・・・笑)
そこから1得点するのがやっとだったがリズムよくその裏を3者凡退の"0"で抑えることができた・・・がそれが精一杯で結局「1-13」であった。

でもこの試合,5年生の双子HarunaHinaの試合に対する姿勢には目を見張るものがあった
Harunaは指示を出したときに「ハイッとすごくいい返事をしてキッカーサークルへ。
結果,良い当たりが前1を弾き全力で1塁を駆け抜けてのヒットとなった。
次の打席も同じように元気のいい返事のあとセカンド強襲で全力での1塁駆け抜けセーフとなった。

そしてHinaのキャッチャーでの一生懸命なプレー。
練習でやったように膝を曲げて胸でしっかり受け止めて自信を持ってがっちりキャッチ。
それたボールの横への動きにも対応し一度もミスすることなく1試合を守りきった。

これまで自信無さげな二人だったが何かキッカケを掴んだのだろう
二人そろって全力で自信を持ってプレーしていたのが気持ち良かったし嬉しかった。
この日の試合結果は1勝4敗だったがHonoと言いHarunaHinaと言い,そんなヤル気ある姿を観れたのは本日の収穫である。

そう言う訳で課題がたくさんあるが新チームとしてのリーグ戦のスタートを切ることができた。
これから毎月,リーグ戦を通じてメンバーみんながレベルアップして行って欲しいものである。

各チームの皆様,1ヶ月遅れとなりましたが今期もリーグ戦での対戦を楽しみにしています。
1年間どうぞよろしくお願い致します






2019-05-26 : キック活動日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

練習でき~ん!

5/25(土)午前中,いつものように姫里小学校での練習。

先日の子ども会行事‟新1年生歓迎会”でクラブ紹介をしたので少しでもキックに興味を持って体験に来てくれる子がいたらいいな~と思っていた。
それで・・・では無いが副キャプテンSatoneの隣の家の1年生が先週から体験に来てくれている。
みんなに見習って欲しいぐらい良い返事をしてくれるし可愛らしいし見ていて心が和む
元気で楽しそうだからぜひ入部して欲しいなぁ。

それにしてもこの急な暑さは何だ
徐々に暑くなるならまだしも,これだけ急で激しい温度差だとカラダがついて来ない。
6年生は昨日修学旅行から帰って来たばかりで体調大丈夫だろうか・・・。
なんて思っていたら予想通り6年生を含む数名がウォーミングアップの段階でダウンし始めた
少しずつ練習メニューを行なうが,休憩時間がいつもより長くなるのは仕方が無い。

このまま普段の練習をするには体力的にも厳しそうなので,2チームに分かれて人数が足りないところはコーチ陣も入って紅白戦をすることにした。
・・・と言うかこの日はそれぐらいしか練習にならなさそうである。
紅白戦になるとしんどかった子も復活して楽しそうに練習できたのでまぁ良しとしよう。

でも高学年よりも2年生が一番元気そうに見えたのは気のせいだろうか( ̄▽ ̄)
ただ今年も去年のように,この先もっと暑くなるのだろうし,少しずつ暑さにも慣れていかないと過ごせないのだろうけど・・・無理はできないよなぁ





2019-05-25 : キック活動日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

第4回 ほりかOne!Cup

5/19(日),北区の与力町運動場で第4回 ほりかOne!Cupが開催された。
いつも仲良くしてもらっている堀川さん主催の大会で,第1回目から毎年参加させてもらっており,今回で早くも4回目の開催となる。

これまでは12月開催だったが,今年の冬にグランドが工事されるとのことでこの時期となった。
いや~でも勢いで大会をスタートしたとは言え(詳細は16年12月のブログ・・・第1回ほりかOne!Cupを参照ください笑),大会を運営するのは本当に大変なことだと思うが,どこの大会でも主催されるチームの皆さんには頭が下がる思いです

主催チームの堀川さんを始めとする12チームが3ブロックに分かれて3試合ずつ予選を戦い,各ブロック上位2チームと3位のうち上位2チームの計8チームが決勝トーナメントへ進出できる。
今回も開会式で堀川キャプテンによる笑い有りの選手宣誓で始まる和気あいあいとした大会である。

抽選の結果,予選1試合目は福島区の海老江西さんとの対戦。
海西さんの攻撃力にウチの外野がどれだけ耐えられるか
初回相手のミスもあり満塁にするものの外野への犠牲フライで1点のみ・・・。
その裏,同じようにウチもミスを重ねて・・・さらに弱点を攻められ・・・ランナーを溜められ・・・外野へのライナー性の当たりを連打されてあっという間に6点を献上・・・
2・3回裏の守備では何とか形になったものの,表の攻撃は低学年たちによる下位打線の攻撃力の無さが露呈して全くランナーを出せずそのまま「1-8」で敗戦となった。

2試合目は淀川区の塚本さんとの対戦。
2月に行われた5年生以下のなでしこ杯ではメンバー不足だったとは言え大差で負けた相手。
あれから3ヶ月経ってどれだけ成長したかが楽しみである
初回,先頭キッカーに出塁されて4番キッカーに1点先制されたが,その裏先頭キッカーAyanaからの3連打で満塁にして4番キッカーReiの右中間へのゴロが抜けていく3塁打で逆転に成功。
その後1点追加して「4-1」と上々の立ち上がりである。
お互い下位打線を無失点に抑えたあとの3回裏,6番キッカー4年生のSakuraのライトを抜けていくゴロによる2ランホームランが飛び出した
長打の期待が少ないウチのチームの今期初ホームランであった。
その後上位打線に1失点を許すものの下位打線をきっちり抑えて「7-2」での勝利となった。

3試合目はこの大会で良く対戦する北区の西天満さん
ショートReiがさっきの試合の蹴りで気分を良くしたのか守備の動きもよくなってきた。
先攻を取られたが3人できっちり抑えてリズムよく裏の攻撃へ。
2番キッカーMaoのチョビが相手の悪送球を誘い一気にホームまで生還し2点を先制。
連打で続いてキャプテンKanadeのレフトへのライナーなどで6得点と打線がつながる。
2回に少しミスが出て2失点するものの落ち着いたプレーで裏の攻撃へつなぎ,これまた連打で6得点とし時間切れで「12-2」として試合終了。

予選2勝1敗としブロック2位抜けで新チームとなって初の決勝トーナメント進出となった


19ほりかOne開会式  19ほりかOne整列  19ほりかOne予選結果


ここからはチームにとって初体験となるがお昼ご飯を食べて午後からどうなるか
決勝トーナメントは全チーム再抽選となりその結果,淀川区の東三国さんとの対戦に決定した。

初回いきなり強打で連打され5失点で悪い流れ・・・。
2回以降も同様に攻撃に耐えられず2回を終わって「0-9」の大差をつけられる。
上位打線は何とか攻撃が続くがやっぱり下位打線で途切れてしまい1点取るのが精一杯。
結局何もできないまま「1-12」で負けてしまった

う~ん,今の実力ではここまでか・・・。
最後に敗戦チーム同士,東淀川区の下新庄さんとの対戦があるので気持ちを切り替えよう。
小さい子が多いようなので内野を5・6年生で固めた守備位置を少し変更しての布陣で挑む。
初回の攻撃は6連打で4得点するものの,慣れない守備位置のせいなのかしょうもないミスも絡んで4失点で同点にされてしまった。
しかし2回,ランナー3塁において3番Satoneのライトへの犠牲フライで1点勝ち越しに成功する。
そのままお互い無失点のまま何とか「5-4」で逃げ切った。

これで本日3勝2敗。ベスト6位と言う訳で少しずつだがチームとしての成長が見られる。
課題はたくさん見つかったがそれはまだまだ伸びしろがあると言うこと
もっともっと練習してチームの成長を期待したい。

さて決勝戦は,海老江西さんに対してパワーを見せつけた玉川さんと,こちらも東三国さん相手にドンドン点差を広げていった八幡屋さんの対戦となった。
前回と同じカードとなったが,最初は八幡屋さんの優勢かと思われたが,試合途中から玉川さんのパワーが炸裂し結果,玉川さんが見事優勝されたのだった


 優勝  玉川連合子供会さん(福島区)
 準優勝 八幡屋子ども会さん(港区)
 3位   海老江西子供会さん(福島区)



19ほりかOne決勝トーナメント  19ほりかOne優秀選手賞  19ほりかOneみんなで


この日の優秀選手賞は,最近ミスしたあと悔しさを見せていたが1日を通してどの試合でも一生懸命たくさんアウトを重ねた5年生のReiを選んだ。
守備もさることながら,練習では良い蹴りができるのに試合でなかなか結果がでなかった強いゴロが外野の間を抜けていったのをすごく嬉しそうにしていたのが印象的だった
結果が出たことでこの先自信につなげてもっと活躍できることを期待しよう。

最後に堀川連合子ども会関係者の皆さん,朝早くからの準備と運営ありがとうございました。
10回・20回といつまでもこの素晴らしい大会が続くことを願ってます。





2019-05-19 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

チーム目標

午前中の御幣島さん出来島さんとの合同練習も終わりお弁当を食べる。
そして何となくダラーッとした雰囲気のまま午後からの練習。

・・・がっ
このままではいけないと思い,みんなを集めてこれからどうしたいのか話をすることにした。

 勝ったり負けたり何となく楽しめたらいいのか
 それとも厳しい練習にも耐えて本気で勝ちたいのか
 特に6年生たちはどうしたいのか

去年のメンバーのことを思い起こせば,自分たちでよく話し合いをしていたし,自主練をしたり,練習の無い日に付き合って欲しいとお願いしに来る積極的な子が多かったように思う。
去年と同じように・・・とは思わないが,自分たちのことを見つめ直すことが大切だと思って子どもたちに話し合いの時間を与えたのであった。


1905話合い  1905円になって


キャプテン&副キャプテンがメンバー全員から思っていることを聞き出しながら話し合いが続く。
技術的なことも大切だが気持ちがバラバラではチームとして成長も無い
限られた練習時間だけれど,たまにはこんな時間も必要だろう。

話し合いの結果,キャプテンからチームの目標として・・・
「チームワークのいい元気なチームにしたい」と言う言葉が返って来た。

そしてさらに「優勝を目指せるチームにしたい」とも。
そのためには厳しい練習にも耐えなければいけないし甘えは許されない。
チームとして決めたのであればメンバー全員が同じ方向を向かなければいけない。

そんなみんなに監督から言いたいこと

キックベースやソフトボールは,ひとりでやるスポーツでは無い。
誰かがミスをしてもそれをカバーしてくれる仲間がいる。
そしてミスをしても試合が終わるまでに取り戻すチャンスがあるスポーツでもある。

例えば・・・体操やスケート競技などは1回のミスが減点となりそのミスを取り消すことはできない。
それに比べてキックは守備でミスをしてもうしろでカバーしてくれる仲間がいるし,次の守備の機会や蹴りや走塁でその前のミスを取り戻すことが可能だ。
だからミスを恐れず誰もが積極的に思いっ切り全力を尽くすことを約束して欲しい。
・・・と言うことを伝えた。

実際にプレーをするのは選手である子どもたち
監督・コーチがどれだけみんなを勝たせてあげたいと思っても,みんなが本気で勝ちたいと思わなければ決して簡単に勝つことはできない。
それなりに楽しくキックをやるよりも,全力で練習に取り組みその結果試合に勝利して仲間と勝つことの喜びを味わってこそ楽しいと思って欲しいのである。

人に任せず何事も自分から進んで積極的に動いてこそチームワークが良くなるし,みんなで声を出し合って励ましあってこそ明るい元気なチームになるのだろう。

「チームワークのいい元気なチーム
この日の話し合いで決めた目標をチーム全員で目指してくれることを期待したい





2019-05-11 : 出来事 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

今期初の合同練習

10連休と言うゴールデンウィークも終わりまた練習再開。
5/11(土)の午前中,同じ西淀川区の御幣島さん出来島さんに来てもらい合同練習を行なった。
今期初めてとなる他チームとの練習である。

ウチのグランドは広くないので申し訳無いが,低学年を連れて自転車での移動は安全面を考えると心配なので両チームに来てもらうことにしたのだった。
朝から雲の無い青空が広がり気温がグングン上がっていく

3チームそろって一緒にウォーミングアップしたものの体調が悪くなる子が数名出る。
無理をさせずに少し日陰で休んだら復活したが,この先は梅雨→夏が待ち構えてるし今年も熱中症が心配な季節がやって来るなぁ・・・。
去年のような猛暑&酷暑になるとしたら・・・大人も辛いよなぁ


1905合同練習1  1905合同練習2


今期の御幣島さんは小さい子もいれて12人になったとのことだが,出来島さんは4人とのことで姫里のメンバーを入れてもらって3チーム総当たりで2試合ずつ行なった。
どのチームもまだまだ手探り状態でいろいろ試すにはいい機会だった。

ただこの日最後の姫里vs御幣島の試合。
最終回1点差で姫里が勝っていたが,セカンドランナーが飛び出しているところにキャプテンが追いかけて当てにいこうと攻めの姿勢でボールを投げたがそれが外れてセンターの方へ転々と・・・。
その間にランナーが2人帰ってサヨナラ負けとなった。
無理に投げる必要が無かったかも知れないが練習試合だし積極的に攻めたのは悪いことでは無いと思ったが,周りが誰もカバーに行ってなかったのが残念である

新チームになって1ヶ月,どうも人任せになっているプレーが目立つように感じる。
当てに行って外れてもカバーがおればサヨナラ負けにはなっていなかったのに,その場から動かずそのプレーを見てるだけのメンバーたち・・・。
朝イチ,コートを作るのにラインを引くのも言われるまで見てる子が多いし,自分から声を出してチームを盛り上げることも無いし,プレーでも消極的で人に任せてしまうのが目立つし・・・。

キックのことが好きなのは伝わってくるけど・・・
みんなおとなしいのか全体的に何か覇気が無いようでそれがずっと気になっているのである。





2019-05-11 : キック活動日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

姫里キック隊長

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR