姫里ソフトボールクラブ

『姫里子ども会』には,キックベースボールクラブと同じぐらい,いやそれ以上に熱い指導者が集うソフトボールクラブのチームがある。

「男の子」「女の子」の違いはあるものの,自分自身ソフトの練習を見学に行ったり,お手伝いさせてもらったりしながら,子どもへの接し方や話し方,指導方法などを勉強させてもらっている。
実際キックのコーチになるきっかけのひとつになったのも,ソフトMコーチのいつも熱血な指導と子どものことを第一に考える姿に感動したからに他ならない。

昨年春,1年生も終わりを迎える3月に,息子Yoshikiがそのソフトボールクラブへ入部した。
息子本人が自分から「やりたいっ!」と言った気持ちを大切にしたいと思ったからである。

でもその時点で新5~6年生しかおらず,2年生の息子が入部して迷惑にならないのか・・・と不安もあったが,ちょうど同時期に2年生1人・3年生1人が入部することになり,Mコーチの「大丈夫!任せといて~の言葉と,もう一人いつも優しいTコーチの「僕が面倒見るからと言ってもらえた言葉に甘えることにした。

キックの場合,ここ2年間で2~3年生の低学年が17人にも増えた一方,5年生が1人・4年生が5人で来季のチーム構成を考えると厳しい状況にあるが,ソフトにおいてもこの1年間で2~3年生が少しずつ増えつつも4年生が「0人」と厳しいところがある。
やっぱり各学年の人数がまんべんなくいる方が指導していく上でも,子どもたち自身の気持ちも違うかな~って感じることが多い。

・・・というのも,5~6年生にとっては当たり前と思っていることが,入部して間もない2~3年生には当たり前で無いことの方が明らかに多いから・・・

整列の仕方から始まり,あいさつの仕方,道具やグランドの準備・片付け方,練習中の掛け声や待っている間の振る舞いなど・・・あげればキリが無い。
高学年の姿を見ながらマネができる子はいいが,みんなが同じようにできる訳もなく,高学年達がそれに気付いて教えてあげれるように持って行くのも指導者の大切な役目だろうと考えている。
下級生への接し方や,優しく教えてあげる気持ちもキック・ソフトを通じて学んで欲しいと思う。

ただキックは女の子ということもあってか,自分のことそっちのけで低学年の子の面倒を見る世話好きな子が多いが・・・σ(^_^;)

そんな2~3年生を優しく&丁寧に&根気よく(そして時には厳しく)指導してもらっている低学年担当ソフトMコーチ&Tコーチのおかげで,まだまだちびっ子の息子Yoshikiが上手くなりたいと一生懸命練習している姿を見て感動してしまう親バカなお父さんなのでした・・・。


ソフトMコーチ&Tコーチへ
低学年の指導は特に大変だと思いますが,今後ともよろしくお願いしますね。
勝手ながら,時々ソフトの応援もこのブログでさせてもらいます




2012-02-04 : コーチのひとりごと : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-02-14 21:15 : : 編集
キックのコーチ達には練習を手伝ってもらったり、引率を引き受けてもらったりといつも助けていただいてます。

たまにキックの練習や試合を観にいかせてもらいますが指導の仕方や子供との接し方など勉強させてもらってます。

いつも優しいTコーチとありましたが怒る時もありますよ(  ̄▽ ̄)

ただ、怒る時も褒める時も子供が理解できる言葉で話すようにしています♪

ソフトMコーチやキックTコーチとは考え方が似ていると思います。

子供の事を一番に考えて、これからもやっといこうと思います!

ソフトもキックも関係なく、これからも お互いに頑張りましょう♪ヽ(´▽`)/
2012-02-15 00:30 : ソフトTコーチ URL : 編集
ソフトTコーチへ
厳しくしないといけない時もありますが,基本は「褒めて子どもを伸ばす」ですよね。
それがなかなか難しいんですが・・・(>_<)

これからも,できる限りソフトのお手伝いもさせて頂きますので,よろしくです!
2012-02-15 20:58 : 姫里キック隊長 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR