やる気と想い

みんなキックに対してどれだけの想いを持ってやってくれてるんだろう?

・・・とは言っても小学生なので,勉強や遊びはもちろん,家族と過ごす時間も大切だと思う。
この時期にしかできないこともたくさんあることは重々承知だ。

でも,「キックが一番!」と言って休まず練習に来てくれる子は当たり前だがホント嬉しい


この春卒業して行ったOGたちもそうだった。

昨年夏の大会前に急激に成長した副キャプテンYoshika
ただ残念なことに,中学受験準備のためキック練習日の予定が合わず,今年1月まで事実上休部することになった。(来れるときには来てもOKということで。)
それでも,ちょっとした昼の空き時間に練習をしているグランドを覗いたり,1時間でも時間があれば練習に顔を出してくれた。
道端で会っても「キック行きたい」といつも言ってくれていた。
だから1月下旬に合格したことを伝えに来てくれた時,「次の練習からまた来ていい?」と嬉しそうに目を輝かせて聞いてくれた顔は忘れられない。

昨年末12月に足をけがをして2ヶ月弱ほどキックができなくなった副キャプテンHaru
それでも自分がプレーできなくても,大会には付き添い&メンバーへの声掛けをいつも笑顔でしてくれて,けがが治るまで練習も試合も休まずにみんなを盛り立ててくれた。
秋の大和田ドリーム杯の時は,家族仲良くキャンプに行ったにも関わらず,一泊した早朝に車でお父さんにキャンプ場からひとり送ってもらってまでして試合に出場してくれた。
本人のキックにかける気持ちはもちろん,そこまでして頂いたご家族にも感謝せずにはいられなかった

林間学習やディズニーランドへ行くより「キック休みたくないっ!」と言っていたキャプテンAsuka
ケガをしようが血を出そうが,それを隠して試合に出ようとする気持ちは誰よりも強かった。
住之江親睦リーグのクライマックストーナメント大会では前日までやる気満々だったが,不幸があり急遽当日欠席することになり,朝の早くからメンバーたちを駅までわざわざ見送りに来てみんなに声を掛け,態度でキャプテンらしさを見せてくれた。
そして休部していたYoshikaに,いつも「良い結果を報告したい」と友達想いの気持ちも素晴らしかった



今期はどうだろう・・・


そんなキックに対する想いを新6年生たちも引き継いでくれていた

新キャプテンAmiから「週末土曜日に6年生たちで練習するのでコーチも来て下さい」とメールが来た!

残念ながら僕は用事(!?)があって参加できなかったが,OコーチとHコーチも参加して6年生5人が公園で練習したとのこと。
聞いた話では,平日も声を掛け合って自主練習をしているらしい。

自分たちで”やる気”を形にしているのを聞いて,今期のメンバーも昨年同様それぞれが自覚を持っていることが伝わって来た。
人に言われてやるのでは無く,自分たちから進んでやろうとしている・・・。
指導者として,こんなに嬉しいことは無い・・・(byアムロ)

それを結果に繋げることができるかどうかは,あとは我々指導者の腕に掛かっているのかも知れない。
コーチたちも頑張るから,みんなも頑張れ!


ちなみに土曜日の午後,みんなが自主練していたその時間は・・・

甲子園球場に『阪神VSヤクルト戦』を観に行ってました(ゴメン!)
でも序盤0-5の劣勢から得点を重ねて,「7-5」で逆転勝ちした阪神タイガースを見習って,コーチがいつも言っているように最後まで試合は絶対諦めるなよぉ~・・・と良いように締めくくるのであった。




2014-04-19 : コーチのひとりごと : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR