住之江親睦リーグ 12月戦

12/1(日),西区の九条北小学校で『住之江親睦リーグ 12月戦』が行われた。
地域行事の関係で11月戦は2回未出場だったため,12月に行われる2回で6試合を消化しないといけない。

本日の対戦相手は『鷺洲さん』
初回から3点先取し,いい流れをつかんだかと思ったら何でも無いボールをファンブルしたり,焦って暴投したり,エラー連発・・・。
後半は締まった内容だったのに,前半の失点のみで敗戦・・・
ただ,3年生のManaをキャッチャーでスタメン出場させたが,緊張しながらもいつもの大きな声で一生懸命プレーしていたのはイイ経験をさせてあげれたと思う。

2試合目は,先日の清原記念大会で準優勝された『波市さん』
相変わらず対戦チームに名前負けする悪いくせが出て,初回に1得点しただけで,最初から負けるつもりでやっているのかと感じる気になるプレーもあり大量失点されて敗戦・・・

3試合目は,『中央ガールズさん』
前の2試合同様,初回に得点するものの,そのあと無失点・・・。
守備でも走塁でも,試合になると基本的な動きができずにまたまた敗戦・・・

序盤(特に初回)得点したらそのあと得点できないのは,何なんだろうか・・・。
最初に盛り上がって,その勢いで続いて欲しいのだが毎回後半になるにつれて,失点に合わせてテンション下がりまくり
我々ベンチからの声の掛け方も反省すべきなんだろう・・・。

子ども達の精神面での成長をさせてあげるのが不足しているのだろう。
やればできる子達だと思っているのに,自信の無さや不安な気持ちが優先しているのがあからさまに子ども達の態度に出るのが残念で仕方が無い。
いつもは僕がそういう話をするが,たまには違った人に言ってもらうべきかと,うちの奥様であるYマネージャーにお願いした。

6年生・5年生それぞれ別に「みんなで勝とう!と言う気持ちが全く伝わって来ない!」と言うことを主にみんなに話をしてもらった。
みんなには何が足りないのか,チームのためにどうすれば良いのか・・・。
それですぐにチームが変わるとは思わないが,そういうことを子ども達に語り掛ける積み重ねがチームを強くして行くのだと信じている。

その後,『海老江西さん』との交流試合だったが,3年生のみで対戦するとのことで姫里から1人貸して欲しいと言われ,動きの機敏な4年生のYuukiを送り出した。

こちらも低学年を・・・と思いながらも下から順番に出すと人数が足らなくなるので,来期を見据えて5年生以下でメンバーを構成して挑んだ。
当たり前に勝利したのだが,3年生と言いながらも「海西ブランド」の子ども達なので,自信を持って確実なプレーをするところはさすがやな~。
相手が3年生とは言え,小柄なのでいつもは得意のプッシュ専門のKanaが思いっ切り蹴った打球が外野の間を抜けて,初ホームランをめちゃめちゃ喜んでいた
基本を守って忠実に,ボールの芯を捉えて足を振り切ったことと,止まることなく全力で走り切った結果である。
些細なことだが,期待のひとりなので,今後の自信のひとつになってくれると良いのだけれど

帰り際に・・・,
5年生のHasumiが「海西さんはランナーコーチがすごく声を出しているので,姫里ももっとランコーの練習をして欲しい」と言ってくれた。
他の試合を観ていて,そういったプレー以外であるランコーの重要性を改めて分かってくれたのだと思うと嬉しかった。
そう言う前向きな気持ちは大切だよ。
今後の練習や練習試合で,もっとランコーの練習を取り入れるので期待していてね。



2013-12-01 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR