第5回西淀川区区長杯

天気にも恵まれた2/23(日),6年生にとって卒業記念大会となる『第5回西淀川区区長杯』が開催された。
ソフトボールと同時開催で,今年も保護者の方々や,校長先生をはじめとする小学校の先生方,地域の方々がたくさん応援に駆け付けて下さり,大声援を送って頂いた。

そんな中,第1試合は部員不足のため姫里から6名を本日限定レンタル移籍させている『出来島ガールズさん』と,最近仲良くさせて頂いている6年生が一人しかいない『御幣島ウィングスターさん』の対戦。
接戦でのいい勝負だったが,最後は御幣島さんが勝ち越し一気に試合を決めた。
でも,姫里から出場していたメンバーも全員出場機会を与えてもらい,いい経験をさせてもらったと思う。

さてその後,姫里は第2試合で『舟西ファイヤーズさん』との対戦となる。
勝てば決勝戦へ進めるくじ運にも恵まれたブロックであり,また残念ながら仕事で不在のT監督にいい報告をするためにも,メダル獲得には絶対に負ける訳には行かない試合だった。

試合が始まる前まではみんなリラックスした状態で試合を楽しもうとする様子だったのに,コートに整列するやいなや「緊張してきた~あかん~と6年生たちがみんなうろたえ出した・・・
何を今さら,これまでどれだけ試合を経験してきたんや・・・と思いながらも,応援してくれている人たちの多さとその大声援に萎縮していたのかも知れない・・・

そんな中,試合が開始し先攻で初回幸先よく3点を先取した。
特に副キャプテンYoshikaは,キックができることの喜びを感じさせるかのように周りのメンバーへ一生懸命声を掛けていた。

しかし・・・

その裏の舟西さんの攻撃で,1・2番の蹴った何でも無いボールの処理を焦って続けてアウトにできなかったキャプテンAsukaが,いつもと違う周りの雰囲気に呑まれたのか突然泣き出した
卒業大会で無ければ泣いた時点ですぐに交代させる所だが今日はそう言う訳にも行かず,タイムを取り落ち着かせようとしたが,結果的にチーム全体の士気に影響を及ぼすことになった。

6年生たちの”絶対勝たなければという気持ちがますます焦りを増長させ,みんながみんな普段なら何でもないプレーができなくなっていた。
逆に,5年生・4年生たちの方が冷静だと感じるぐらいだった

2回同点に追いつかれて,3回にはついに逆転されてしまった。
また悪いことは重なるもので,6年生のNagisaが1塁を走り抜けた後,急停止した時に足をひねり膝を痛めた。
さらに,5年生のAyakaも1塁への走塁時に足が引っ掛かり大きく転倒して右手を負傷した。

4回の攻撃で何とか追いすがるが,同点にするのが精一杯・・・。
そして4回裏の舟西さんの攻撃でランナーを溜められ,ライト線ギリギリに落ちるヒットで,ジ・エンド。

ケガによりレギュラー二人を欠き,チーム全体が嫌なムードになってしまい,試合の流れを完全に相手に持って行かれてしまった・・・。
結果「8-5」で敗戦となり,3位決定戦へ回ることになった。

本日T監督が不在のため,僕は区子連体育副部長Bさん・大和田さんと協力しながら,コート責任者として長い時間コートを空けることができず,またHコーチ・Oコーチも審判をしてくれていたので,試合後子どもたちに声を掛けてあげることもできないまま,Mコーチマネージャーたち・保護者の方々にお任せするしかなかった。
Nagisaの膝は一時的なものだったようで復活したが,Ayakaの方は重症でMコーチが車で病院へ連れて行ってくれたが,診断の結果,右手首を骨折していた・・・
試合中のケガではあるが,残念なことになってしまい早い回復を願うばかりであるが,本人も全力でプレーした結果であり,笑顔で「大丈夫!」と納得してくれていたのがせめてもの救いだったと思う。

聞いた話では,試合後6年生たちがいつまでも大泣きしていたらしく,それを見かねたHaruのお母さんに一喝して頂いたようで・・・。
僕が様子を見に行ったときは,次の試合に向けて気持ちを切り替えようとしていたのだが

さてメダルのチャンスは無くなったものの,せめて最後は勝って笑顔で終わりたい。
3位決定戦で『御幣島ウィングスターさん』と対戦した。
先攻をとった姫里は初回から猛攻撃で,AsukaNagisaの3ランなどで一気に攻めて試合を決めた。
これが1試合目からできていたら・・・と今年は最後までいつも同じパターンだった・・・。

結果,今年度”大阪市最強”とまで言われた『大和田SMGさん』が最後まで圧倒的な強さで,『舟西ファイヤーズさん』を下して優勝された。

姫里は3位となりメダルがもらえなかったのは残念だが,みんな失敗したくて失敗した訳では無い。
決して手を抜いていた訳でも無く,各人は一生懸命全力でプレーしていたと思う。
ただ,ここぞという大事な場面で実力を発揮できなかったのは事実。
精神的な面での指導が不足していたのは,我々指導者の責任だと反省している。


しかし勝つことの喜びや負けることの悔しさは,きっとこれからみんなの人生にとって無駄にはならないと思う。
5年生以下のメンバーは今年果たせなかったことを,今度は自分たちが成し遂げる番だと感じて欲しい


DSC_0494.jpg

最後になりますが,保護者の方々,校長先生をはじめとする小学校の先生方,地域の方々,朝早くから熱い応援をしてくださってありがとうございました。
そして対戦頂いた各チームの皆様,お預けした6人の面倒を見て頂いた出来島S監督をはじめ関係者の皆様,本当にお世話になりました。

これからも姫里KBCのことをどうぞよろしくお願い致します。





2014-02-23 : キック活動日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

お疲れ様でした。
ご無沙汰してます。
メダルなしでも、6年生を含めてみんな頑張ったようですね!!
負傷しながらでも、みんな人生の貴重な1ページになった事でしょう!!
新チームがしたら一度遊びに来て下さいね!!(^-^)v
2014-02-27 22:46 : 家元 URL : 編集
ありがとうございます
家元様

コメントありがとうございます。
メダルはありませんでしたが、最後はみんなの笑顔が見れて良かったと思います。

また、新チームでの対戦をよろしくお願いします。
ぜひ遊びに行かせてもらいますね。
2014-02-28 08:11 : 姫里キック隊長 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR