高見お別れ大会

先日の区長杯で6年生の大会も終わって,新チームへ移行しなければと思っていた矢先,此花区の高見さんから,6年生のお別れ大会のお誘いを頂いた。
正直,区長杯の結果が不完全燃焼な気持ちだっただけに,非常にありがたいことだった。
6年生もまさか,まだ試合ができるとは思ってもおらず,それを聞いて嬉しそうだったが,副キャプテンのHaruだけは午後から予定があるため半日しか出場できないとのことで残念だったが・・・。

・・・ということで,3/9(日)冷たい風が吹く寒い中,高見小学校で6年生にとって本当に最後の大会となる『高見お別れ大会』に参加させて頂いた。

出場チームは,主催の『高見連合子供会さん』をはじめ,福島区の『福島キッズクラブさん』『大開子ども会さん』の4チーム総当たりのミニ大会だったが,優勝チームには楯も頂けるとのことで,ぜひとも”有終の美を飾りたいと指導者をはじめチームみんなの気合いを感じていた。


第1試合は住之江親睦リーグでもお馴染みの『福島キッズクラブさん』との対戦。
福島さんの強烈な蹴りに対して,姫里は小技と足でかき回す作戦。
取られては取り返して・・・と点の取り合いになった試合だったが,蹴り合いになると最後は強打の福島さんに蹴り負けてしまった・・・。
強打を警戒して,よく動いてくれる副キャプテンHaruを外野にまわしたが,慣れない守備位置ながら最後の試合を一生懸命にプレーしてくれた。
途中,指をケガしている5年生のHasumiが強烈なライナーを2回捕球できず,初めて試合中に悔し涙を流した場面もあったが,新チームではそれをバネにして活躍してくれるに違いない
ただ午後から帰らないといけないHaruにとっては,「11-17」の敗戦で残念な最後の試合になってしまったのだが,最後までいつもの笑顔で,諦めない悔いの無いプレーをしてくれたと思う

午後からの2試合目は,インフルエンザなどでメンバー不足の『大開子ども会さん』との対戦だった。
”人数だけ”はどこにも負けない姫里から,3名の5年生AzusaNanaSayakaが自分達から手を挙げての本日限定レンタル移籍。
3試合とも外野で出場させてもらい,ノビノビと楽しそうにいい活躍をしていた。
すごくいい経験をさせてもらったと思うが,姫里でもそうやって活躍してくれたら言うことないのだが・・・

さて,その大開さんとの対戦では,上位打線が怒涛の攻撃で姫里の猛打爆発!
6年生Sanaeのソロホームランや,副キャプテンYoshikaの満塁ホームランなどで,終わってみれば「19-4」の圧勝だった。

続いて連チャンでの3試合目は,『高見連合子供会さん』との対戦。
初回表の高見さんの攻撃で2失点するものの,その裏にキャプテンAsuaka3ランで一気に逆転!

こちらに流れを引き込みたいところだが,2回表に同点にされる。
そのあと3・4回に1点ずつ得点し,流れをこちらに引き寄せることができたかと思いつつ最終回を抑えれば勝利だが,簡単に勝てないのが姫里の悪いところ。

思わぬミスからランナーを溜められ,挙句の果てにはライトとセンター間に転がった何でも無いゴロを外野の二人がお見合いをして見事その間を転々とボールが転がり,まさかの4失点で逆転されてしまった・・・。
最後の最後で一番やってはいけないうちの悪い部分がでてしまった・・・
諦めかけていたメンバーに対し「6年生最後の試合やぞー,最後に最高のプレーを見せろーっ!と声を張り上げ何とか気持ちを繋ごうと必死だった。

「5-7」で迎えた最終回,最後の攻撃で3点取らなければ逆転は無い。
下位打線9番キッカーHasumiからの攻撃は,6年生のYumi,5年生のKana,4年生のShizuki と,みんながみんな何とか繋げようと,小技による絶妙な攻めで相手チームのミスも誘い,流れは完全にこちらに来ているのを感じた

ノーアウトランナー満塁で3番副キャプテンYoshikaの気持ちの入った強烈なファースト前を弾くライナーで同点に追いつき,イケイケムードで,ついに4番キャプテンAsukaを迎えた。

「4年間キックをやってきた全ての気持ちをこの蹴りに掛けて来い!」

・・・と送り出したキャプテンは,これまでにない集中力で,

何と・・・

何と・・・

右中間を鋭いライナーが抜けて行き,走者一掃の逆転サヨナラ満塁ホームランという,これ以上ない結果で「11-7」と試合を決めてくれた。
その瞬間ベンチは大歓喜,僕自身も両手を上に挙げてガッツポーズ!

最後の最後にチームみんなが繋いだ諦めない感動のプレーをしてくれた姿を見て,涙が溢れてきた
大喜びで嬉しそうなみんな,最高の笑顔を見ながら僕はネックウォーマーを頭までかぶり泣いている姿を見せないようベンチ裏で背を向けた・・・。

それを見ていたみんなは,嬉しそうに面白がっていたようだがそんなことはどうでも良かった。

本当に最後の最後に感動させやがって!

6年生最後の試合を,しかもキャプテンが,これ以上ない終わり方で締めくくってくれた

そのあとの,福島さんVS大開さんは,福島さんが強打で勝利を収め全勝で見事優勝された。
姫里は2勝1敗で準優勝という結果だったが,今日のみんなは本当にのびのびと試合を楽しんでいて,まさに”有終の美を飾ってくれた”・・・と言う思いで十分満足だった。

今日に限って言えば,優秀選手賞をひとり選ぶのはとても難しかった。
12打数10安打と素晴らしい出塁率だった副キャプテンYoshika先頭キッカー5年生のKana,小技に長打,ファーストの守備でも抜群の動きをしてくれた5年生のAmi,相変わらずの安定感あるライトでの守備を見せてくれたNagisaなど,みんなが活躍してくれたが,やっぱり3ランと最後の逆転サヨナラ満塁ホームランを含む15打点をあげ,苦労しながらも一年間キャプテンを務めてくれたAsukaを選んだ。

みんな,本当に感動をありがとう!


DSC_0512.jpg DSC_0516.jpg


最後に・・・

朝早くからご尽力を頂いた『高見連合子供会』の皆様をはじめ対戦頂いたチームの皆様,お預けした3人の面倒を見て頂いた大開T監督をはじめ関係者の皆様,一日お世話になりありがとうございました。
6年生にとって最後にいい思い出を作ることができたこと,そしてチームみんなが楽しい一日を過ごさせて頂けたことを従事者ともども深く感謝致します。




2014-03-09 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR