第5回 プレズントカップ

4/29(水・祝)港区女子キックベースボール連盟主催の『第5回 プレズントカップ』に,昨年に引き続き参加させて頂いた。
昨年はこの時期に開催予定が雨で秋に順延されたが,今年は春に無事開催できて33チームが集まっての大きな大会となった。

この大会,予選2試合のため決勝トーナメントへ残るには”くじ運も大きく関わってくる。
抽選の結果,港区の『波市KBCさん』大正区の『泉尾北子ども会さん』との対戦。
あきらめてはいないが,どちらのチームも強豪で,予選突破が難しいことを予想する・・・

まずはリーグ戦でもお馴染みの『波市KBCさん』との対戦。
住之江親睦リーグの開幕戦では別コートだったので,今期の波市さんをまだ見ていない・・・。
うちが苦手としている1試合目は,ボールが手に付かず声も出ず・・・でいきなりの7失点・・・。
そのあと何とか落ち着きを取り戻し,追い上げるが初回の7失点が大きく響いて敗戦スタート。

2試合空いて『泉尾北子ども会さん』との初対戦。
途中まではそれなりに接戦だったが,うわさ通り泉尾北さんは強かった
パワーあるキック力で一気に離されてしまい,ジ・エンド・・・

2試合続けての敗戦で予選落ち・・・
内容的には,めちゃくちゃ悪かったとは言えないが,全く声が出ていなかったのはみんなが反省すべき点。
予選2試合というのは,やはりくじ運が大きく左右されるようで,上位常連チームの予選落ちが目立つ結果になっていた・・・

午後からの交流戦で,港区の『市岡子ども会さん』福島区の『海老江西子ども会さん』と対戦させてもらう。
勝ち負けよりも,新4年生たちを出場させて経験を積ませることを目的として試合に挑ませる。
6年生たちには声を出させることを優先的に,4・5年生たちには試合の中で動きを体で覚える練習をかねて。

ただ,この時点ですでに素晴らしい動きをしているチームを見ると今のままでは絶対にだめだ~という焦りがでてきた。
急いで練習内容と日程を見直さなければ,例年と同じことを繰り返してしまう・・・
しかし,何も言わずに決勝戦など他チームの試合を見ながら自分たちで取り入れるべきことや,修正すべきことを話合っていたShizukiKotokoの姿を喜ぶべきだろう。
また試合中にベンチからの指示では無く,キャプテンAsaがタイムを取って円陣を組んでいた姿も例年との違いを喜ぶべきことのひとつだろう。
子どもたちに変化が見え始めたチームに,我々指導者もそれに応えるべく前に進まなければ

15プレズントカップ1  15プレズントカップ2

一日に渡り運営頂いた港区女子キックベースボール連盟の皆様,いろいろとお世話になりました。
子どもたちを含めて従事者一同,感謝致します。ありがとうございました。




2015-04-29 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR