6年生の卒団式

3/26(土)6年生のキック最後の日を迎えた。

午前中は『親子ふれあい会』 ということで,お父さん&お母さんにも来てもらって,みんなで楽しく試合をしようと。
6年生チーム vs 5年生以下の新チームで2試合。
6年生を主体としたレギュラーチーム vs 保護者&OGチームで1試合。

最後はやっぱり真剣勝負で,あっという間に楽しい時間を過ごした。
お父さんもお母さんも,ケガが無くてホント良かったですね〜


16卒団 最後の練習  16卒団 卒業生  16卒団 トロフィー


さて,お昼ごはんを食べて午後からは,いよいよ6年生の『卒団式』本番スタート
毎年のことながら,卒業するみんなを祝ってあげたい気持ちと,もう毎週一緒にキックができない寂しい気持ちで複雑な思いになる1日です・・・(T_T)
5年生以下のお母さん方が用意してくれたお菓子や飲み物でお腹も満たされて,各学年がいろいろ考えた出し物を順番に披露する(o^^o)笑

 ★2・3年生・・・割りばし鉄砲で「的当てゲーム」
 ★4年生・・・3チームに分かれて「伝言ゲーム」
 ★5年生・・・サンドイッチで「ロシアンルーレット」

それぞれの学年が協力しあって,一生懸命に考えてくれた。
その中でも5年生の「ロシアンルーレット」では,一口サイズのサンドイッチの中にひとつだけ「カラシたっぷり」のハズレが混ざっているのを指導者全員が食べさせられた。
辛くない振りや,わざと辛い振りをする指導者たちだが・・・ん?

これはもしや・・・
『オレのんハズレやんけ~
・・・と心の中で叫びながら必死に涙目になるのを耐える( ;∀;)

次に6年生も順番に食べるが,大当たりMinoriの素晴らしい演技にみんながだまされた。
みんなに答えを明かした途端,涙目になって必死に耐えていたのが面白いようによく分かった


それぞれ2~5年生のメンバーからの贈る言葉や色紙などのプレゼント,6年生のビンゴ大会などで盛り上がる
そして毎年恒例,監督からフリップによる今年1年を振り返った結果発表
今年はチーム年間成績&個人タイトルだけで無く『指導者が選ぶベスト5』と称して事前にアンケートを取っていた内容を発表。
”元気に挨拶したで賞””後片付けをよくしたで賞”など,個人成績では中々名前が出ない低学年もたくさん名前を呼んであげることができた。
最後に1番盛り上がったのは『お腹が減ったとうるさかったで賞』
別に統計を取った訳でもなくイメージでの投票だが,結果にはみんな納得の様子だった。
本人にはその意識は無かったようだが,次回から言う度に指摘してやるっ


16卒団 みんな1  16卒団 みんな2  16卒団 6年生たち


そして,来期のキャプテン&副キャプテンの発表をする時間を迎えた。
事前に確認していた卒業生たちの意見をもとに,総監督・コーチ・マネージャーとも相談して,6年生たちが前に並んでいよいよ発表する。
新キャプテンには,2年生から入部していつも元気で大きな声の”Mana”を,副キャプテンには,入部して1年未満ながらいつも笑顔でムードメーカーの”Haru”を選んだ。
この5年生の2人を中心として,4年生以下みんなで新チームを盛り上げて行ってくれることを期待しているぞ

そして今年はMコーチ制作の”想い出のムービー”でさらに盛り上がる(*^o^*)

そのあと卒団していく6年生ひとりひとりから,我々指導者や後輩たちへの感謝の言葉をもらいウルウル・・・(T_T)
聞くところによると「え~メンドクサイ~」とか言ってた副キャプテンの”Shizuki””Kotoko”らしいのだが,全然そんなことは無くみんなが一生懸命考えて書いたんだな~と感じるいろんな想い出の詰まった手紙を読んでくれたことに感激した

卒業生の保護者からということで,丁寧なご挨拶をして頂きチームへ何とチーム名が入った『ラインカー』と遠征用の『ボールケース』を贈って頂いた。
大事に使わせて頂きますね〜(*・ω・)ノ
しかも用事があって来れないとのことで,卒団生Risaのお母さんからみんなにケーキの差し入れまで頂きました

本当にありがとうございました


16卒団 ラインカー  16卒団 ボールケース  16卒団 ケーキ


そして,マネジャー・コーチ・監督,最後に総監督から卒団していくみんなへ贈る言葉・・・。
泣くのを耐えていたが,キャプテンのお父さんでもあるHコーチが言葉を詰まらせ何も言えなくなった姿に思わずもらい泣き…( ;∀;)
その直後の監督としての贈る言葉はさすがにキツかったです…

話しているうちに一緒に過ごした数々の想い出がたくさん甦ってくる。
長い時間一緒に過ごしてきたメンバー達なので毎週キックへ行くのが楽しみで,いろんな想い出と笑顔と感動を山ほどプレゼントしてくれた


キャプテン Asa
 1年生の3月に入部してから5年間,小さい時から休まず試合に出て,
 冷静かつ確実な守備でいつも安定してよく頑張った。
 高学年になるに連れてキック力も強くなりチームで一番得点を稼いだ。
 キャプテンとして最初は戸惑っていたかも知れないが,次第に周りにも
 声を掛けれるようになり,最後はすっかりキャプテンらしくなった。
 いつもコーチ・監督としての僕の言葉を素直によく聞いてくれた。
 
副キャプテン Shizuki
 1年生3月に入部してきたときは,小さくてすぐ目をウルウルさせていたが,
 すっかり体も気持ちも大きくなって,安定した守備力と強肩によるレフトから
 ファーストへの送球は素晴らしいとしか言いようがなかった。
 いつも幼い笑顔で天然キャラが面白くて,毎週笑顔でキックを楽しんでくれた。
 低学年の時から試合に出るためにいつも一生懸命の頑張り屋さんだった。
 そしてチームメイトや指導者のこともいつも気に掛けてくれる優しい子だった。

副キャプテン Kotoko
 Shizukiといつも仲良しで1年生の3月に一緒に入部してきた。
 低学年のときは不器用で一度泣き出すと手が付けられない頑固者だった。
 それでも成長するにつれ,体も大きくなり精神的にも成長して,走攻守とも
 そろったみんなの手本となる素晴らしいプレーヤーになった。
 活躍した試合は数えきれず,ピンチにはいつも信頼できるひとりだった。
 わざとふざけた態度を取るが,一番僕の話に耳を傾けてくれた子だった。

副キャプテン Yuuki
 2年生の秋に入部してきたときから,足の速いいつも元気な子だった。
 ちっちゃい体で大きなボールを中々上手く投げることができなかったが
 一生懸命練習して,素早い送球ができるまでに成長した。
 いつも見ていて気持ちいいスライディングを武器にグランド狭しと走り回った。
 努力することの大切さを学んだことは,これからも必ず何かの役に立ち,
 生かしてくれることだろう。

Misaki
 2年生のときから,何かあるたびにすぐに泣いてしまう困った子だった。
 そういう意味ではマネージャーたちに1番世話になっただろう。
 それでもキックに専念したいと5年まで続けていた習い事をやめて
 毎週休まず一生懸命練習をした。
 鋭い蹴りに速いプッシュ,ギリギリのチョビ・・・と使い分け,1番キッカー
 切り込み隊長として,たくさん活躍してくれた。
 優しいお姉さんとして低学年の面倒をよく見てくれたのも頼もしかった。

Ayumi
 低学年のときは体があまり強いほうでは無かったが,ボールを怖がりながらも
 毎週休むことなく地道に努力し続け,笑顔でいつもキックが好きだと言ってくれた。
 この1年で誰よりも上達したと感じるのは,どんなにしんどくても手を抜かない
 一生懸命な姿があったからだと思える。
 目を見て話を聞いてくれる誠実な態度や努力し続ける姿は,これからの人生でも
 必ず役に立ち生かすことができるだろう。
 
Minori
 入部してきたときは引っ込み思案の恥ずかしがり屋で,自分自身を出すのが
 苦手だったが他の子に比べると恵まれた体で下位打線の大砲として長打を量産し,
 強肩を生かした矢のような送球で何度もチームを救ってくれた。
 高学年になってほわ〜んとした雰囲気でいつもニコニコ僕らを和ませてくれた。
 成績表を1番に見せてくれたり,些細なことでも話をしてくれ,いつの間にか自分から
 普通に挨拶や何気ない話をしてくれるようになったのが何より嬉しかった。

Hana
 4年生に入部してみんなより経験は少ないものの,練習を重ねて少しずつだが
 だんだんと体力をつけて最後までキックを続けてこれた。
 練習ではいい蹴りをするのに,本番に弱いというのがもったいなかったな~。
 しかしその続けてやってこれたということは,この先必ず何か違う場面でも,
 努力が自信につながると言うことがわかる時がくるだろう。

Risa
 6年生に中学受験のために約半年間の休部をしたが,無事に合格してまた2月に
 戻って来れて良かった。
 ボールを怖がり顔をそらしてしてしまうクセがあったことや,半年のブランクも
 あったが,最後にみんなで試合に出て,勝って嬉しかった想い出はきっと
 忘れることは無いだろう。

16卒団 あさ・みさき  16卒団 しづき・ことこ  16卒団 ゆうき

16卒団 あゆみ  16卒団 みのり  16卒団 はな


今年度コーチから監督になって,このメンバーと一緒に優勝も経験し,本当に楽しい時間をたくさん過ごすことができた。
毎週みんなとキックで会うのが本当に楽しみだった。
それだけに,今日で本当に最後なんだと思うと,卒団を祝ってあげたい気持ちと,それとは逆に寂しい気持ちでいっぱいだった・・・
でも,寂しくてもやっぱり卒団を祝ってあげなければ。

みんなと過ごした時間は忘れることのできない宝物だ。
たくさんいい思いをさせてくれたみんなには本当に感謝している


これから,中学校へと進み成長していく中で,困難や辛いことや嫌なことがたくさんあると思う。
でも,このメンバーと一緒にキックをやって来たことや,監督として言い続けてきた「諦めないで全力を尽くすこと」,「努力を惜しまないこと」,「仲間を大切にすること」を忘れずに,これからの人生を歩んでいって欲しいと心から願ってます。

卒団しても,みんなのことはいつでも応援しています!
いつでも元気な顔を見せに来てくれることを待ってます!
いつでもみんなからの連絡を待っています!


小学校卒業とキック卒団,本当に本当におめでとう!
そしてたくさんの想い出をありがとう!




最後に保護者のみなさま・・・

家族の大切な時間を毎週キックのために,ご協力頂き本当にありがとうございました。
ご期待やご希望にお応えできないこともたくさんあり申し訳無かったと思っていますが,
『姫里KBC』の部員として最後まで続けてもらえたことに指導者一同感謝しております。

卒団しても我々はいつも子どもたちのことを応援しています。
いろいろとお世話になり本当にありがとうございました。





2016-03-26 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR