第43回 西淀川区キックベースボール大会

5/29(日)『第43回 西淀川区キックベースボール大会』が開催された。

夕方にかけて天気が下り坂との予報だが,朝はむっちゃ良い天気で暑いぐらいだった。
今回は場所の都合で御幣島小学校で行われたが,よくお邪魔させてもらっているのでなぁ~んの違和感も無く,しかも学校なので当然トイレ完備でいつもの広場より全然いいな~と思った。
いつものグランドはトイレが限られていて,特に女の子には困るんよねぇσ(^^;)

同時開催のソフトボールは4チーム総当りだが,キックは『大和田SMGさん』『御幣島ウィングスターさん』『出来島ガールズさん』『香簑フェアリーズさん』,そして『姫里KBC』の5チームが30分3回戦の総当りで4試合ずつ行ない,上位2チームが決勝戦を行なう方式となった。
総当りでも充分時間的に大丈夫じゃん・・・という以前からの意見がようやく春季大会でも採用されたのは嬉しい
せっかくの区大会,子ども達に少しでも試合をさせてあげたいと思うのであり,時間的に余裕があったのでせっかくならソフトも決勝戦をしたら良かったのになぁ~と思ったのであった。

まずは”開会式”でソフトボールの代表と一緒に『姫里キャプテンMana』による選手宣誓
ちゃんとできるのか
こっちがドキドキしながらお母さんと一緒にバックネット裏から観ていたが,ちょっと早口ながら詰まらずしっかり言えてホッとした。

16区子連行進  16区子連 選手宣誓  16区子連試合前


さてそれもつかの間,予選1試合目はいきなり優勝候補の『大和田SMGさん』との対戦。
初戦は動きが悪いのがいつものパターンだがどうなるか・・・。

とにかく初戦から油断せずに全力を尽くすように伝えて挑ませる。
初回,大和田さんの攻撃をテンポよく2アウトまで取ったが,3番キッカーのライト線へ切れていくホームランで1失点する。
その裏ランナー2人から副キャプテンHaruの外野へ鋭いライナー性の当たりで逆転に成功し,続くキャプテンManaのセンターオーバーのホームランで4得点
一気にたたみ掛けたいところでさらにランナーを2人出すがこの回はそれまで・・・。
大和田さんはそんなに甘い訳なく,小刻みに2・3回に2得点ずつされ逆転を許す。
逆にウチは低いライナーを指示するものの,キャプテン&副キャプともにほぼセンター定位置へ吸い込まれていくフライをポンポン上げて得点できず・・・。
お互いにテンポよく攻守が進み,30分掛からずあっと言う間に「4-5」であと一歩及ばず3回ゲームセット。
ワンチャンスを逃すと痛い目に合う・・・(T^T)

そのあと2試合空いて『香簑フェアリーズさん』との対戦に気持ちを切り替えて『6655555544』のメンバーで挑む。
香簑さんはこの試合が初戦なのでまだ動きが硬いだろうとドンドン小技でランナーを溜めて,相手のエラーを誘う。
守備も安定していて,1番キッカーYuzuの満塁ホームランなども出て「13-1」でようやく1勝。
先日に練習試合をさせてもらっていたので大体の力は分かっていて,4年生を2人スタメン起用して挑んだのだが,途中から出場したもう1人を含めて4年生3人が期待に応えてよく頑張った

ただそのあとの大和田さんvs御幣島さんも白熱した良い試合だった。
初回に7点取られたのがもったいなかったが,御幣島さんがそのあとの2・3回を0点に抑えて攻撃でもチョビの練習をかなりしたようで結果は「7-4」で大和田さんに軍配が上がったものの,最後までどうなるか分からないような展開で見応えがあった。

3試合目はその『御幣島ウィングスターさん』との対戦だが勢いに乗ってる感じで気が抜けない
この試合落とす訳には行かないが,今までと違い小技をたくさん絡めてくる攻撃パターンでランナーを貯められセンターオーバーのホームランを含む予想していなかった7点チェンジを喰らってちょっと焦った(゚A゚;)
しかし3回裏の姫里最後の攻撃で,相手に休むヒマを与えずドンドン攻めて,3点差を同点に追いついて引き分けに持ち込んだ。

この時点で大和田さんは決勝へ進むことが確実で,姫里と御幣島さんが1勝1敗1分で次の試合にどれだけの得失点で勝てるかに掛かっていた。
その予選最後は低学年の多い『出来島さん』との対戦で,決勝戦に進むために攻撃重視の『6655555555』の布陣でマジに得点を取りに行かざるを得なかった。
そのため4年生をスタメンで3人出す予定が狂ってしまったのは残念だったが,1失点するものの7点チェンジ3回で勝利する。

これで御幣島さんを得失点で大きく差を付け決勝進出が決定した
もちろん手を抜く訳は無いので,御幣島さんの従事者には「期待持たしといて一番腹黒いな・・・」と散々言われたが勝負の世界は厳しいのだ。
ただ御幣島さんも途中で決勝戦へ行けるかも・・・と思って喜んでしまったと苦笑い( ̄▽ ̄)

そして,みんなが見つめる『姫里KBC』vs『大和田SMGさん』の決勝戦が始まる。
決勝戦は50分試合,コールド&7点チェンジ無しの市子連ルールが採用される。
5年生が主となるウチは体力不足が弱点だが,久々の50分試合に集中力がもつのだろうか・・・。
前回の卒業大会での反省を活かし,この日は体力に不安のあるメンバーを休ませながら予選を戦ったので誰もダウンすることなく15人そろってベンチ入りできた。

決勝戦は両チームのベンチ後ろに応援団が陣取りたくさんの応援を受けて試合開始

予選とは打順と守備位置を少し変更して小技中心で攻める。
初回に4得点して幸先よかったものの,決勝戦にもなると集中力が研ぎ澄まされるのかどちらのチームも大量得点が奪えない。
大きなミスは無いものの,みんなに少し心の余裕が無くなったのか初回以降2~4回まで無得点のウチに対して,大和田さんは地道に1~2得点して逆転され,さらに少しずつ点差が広がって行く・・・。
あっと言う間に5回最後の攻撃を迎え,この時点で「4-8」の4点差。
ランナー3塁から外野へのタッチアップで1得点し,2アウトながらランナー1・2塁で前の試合で満塁ホームランを放った5年生のMikiを迎える。

前日の練習でポイントを掴んだのか急に長打を蹴れるようになり自信を持って思い切り蹴ってこい!と送り出したが,高い飛球は惜しくも外野の間を越すことができずレフトに捕球されてゲームセット。

結果は残念ながら「5-8」での敗戦となり,長い戦いの1日が終わった。

市大会への切符を逃したのは残念ではあるが,2ヶ月前・・・と言うかちょっと前まで試合になるかどうか守備位置も確定しないチームだったのが,最後まで全力を尽くしての”準優勝という結果に胸を張って欲しい。
まだまだチームとしての経験と実力不足は仕方ないし,決勝戦らしかったかどうかは分からないが白熱した試合になったとは思う。

課題がたくさんあってこの先もまだまだ大変だけれど,今日のところはみんなよく頑張ったよな~と言ってあげたい。
みんな,自分たちの力で手にした銀メダルはとても嬉しそうだった


16区子連試合前円陣  16区子連準優勝  16区子連準優勝みんなで


優勝  『大和田SMG』
準優勝 『姫里KBC』
3位   『御幣島ウィングスター』


最後になりましたが,保護者の皆様,校長先生をはじめとする小学校の先生方,地域の方々,朝早い時間から夕方まで子どもたちに熱い声援を送ってくださりありがとうございました。
そして対戦頂いた各チームの皆様,大会関係者の皆様,一日本当にお世話になりました。

さらに嬉しい気持ちとして次に繋げてあげることができるよう,我々指導者もまた一緒に頑張って行こうと思います。
これからも楽しくキックができるチームを目指して行きますので『姫里KBC』をどうぞよろしくお願い致します。



2016-05-29 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR