第2回 御幣島カップ

8/7(日)西淀川区の御幣島小学校にて『第2回 御幣島カップ』が開催された。
第1回は去年の秋に行われて優勝することができた記念すべき大会である。
今回もキック・ソフトの同時開催で,キックは全12チーム参加の大きな大会になった(>ω<)

目標はもちろん2連覇やっ

ただ最近のチーム力低下モードで今回はどこまで健闘できるだろう

キックは予選リーグ4チームずつ3ブロックに分かれて,各ブロック2位までとワイルドカードとして3位のうち上位2チームの計8チームが決勝トーナメントへ進出できる。
この日もかなり暑くなりそうなので,メンバーも考慮して熱中症対策を万全にしなければ
ありがたいことに御幣島さんの計らいで,クーラーをつけた多目的室を準備して頂いた。


16御幣島カップ開会式  16御幣島カップ試合開始


姫里の予選1試合目は淀川区の『神津・新北野さん』
先日の曽谷杯では暑さでメンバーがダウンして負けたのだが,まず1勝を目指す。
初戦ということで動きもまずまず,蹴りもまずまず練習の成果が出て,無難に「5-2」で勝利する。

この日は”元コーチであるOさん”が午前中に審判として応援に来てくださり,最近ずっと気になっていた試合と試合の間に子どもたちと話をする時間を与えてもらって本当にありがたかった
良かった点と修正箇所を簡単に話して次の試合に向けて気持ちを高ぶらせる

さて次は同じ西淀川区の『香簑フェアリーズさん』
攻撃・守備とも調子を見ようと色々試してみるが,危なげない内容の「9-1」で2勝目。

予選最後の3試合目はリーグ戦でもお馴染み『九条北さん』と対戦する。
しかしメンバー不足で同じ西区の明治さんの6年生が助っ人として3人加わっている(゚д゚lll)
この日の九条北さんは,内野の守備が好調で,その助っ人6年生たちを中心としたパワフルな試合をしており,ここまで2勝と要注意

初回,上手く長打を蹴られるのは仕方ないとしても,

おいおい何してるねん

・・・と言うような,諦めてボールを止めに行かないプレーが5年生に出てまさかの7点チェンジ・・・。
そのあと無失点で抑えるがいまいち攻めきれず「4-7」の敗戦で,2勝1敗のブロック2位抜けにより決勝トーナメントへ。

お昼の休憩時間とJr戦で和やかなムードのあと決勝トーナメント1回戦は再抽選によりまた『香簑フェアリーズさん』と当たる。
勢いをつけるために,予選と同じメンバーでガンガン攻めて「12-1」のコールド勝ち

準決勝戦は『堀川さん』を準々決勝で破って,この日全勝している主催の『御幣島ウィングスターさん』と対戦することになる。
最近,指導者さんたちと保護者の皆さんたちがチームTシャツを作ったり団結力が強く,子どもたちの雰囲気もすごくいい。
試合前もチーム全体が明るく気合いが入っており,その勢いには負けてられない( •̀ᴗ•́ )و

先週思い出した”みんなにパワーを与えるのに全力を尽くすこと”をここで実践しなければっ

先攻となった初回の攻撃で,足で出塁しワンヒットで返すウチのパターンで2点を先取する。
御幣島さんの攻撃も勢いあったが,ここぞというときに守備が機能していつもの崩れるパターンにはならない。
当たることを想定して予選で攻めのパターンをこっそり偵察済み
同じパターンで攻撃してくれたので,守備位置も事前に準備できておりウチにとっては有利に試合を進められたニヤリ

先手先手でピンチになる前に声を掛け,タイムをとって落ち着かせる(* ̄▽ ̄*)ノ
ちょっと固い顔をしたみんなを集めて一言・・・,

「ちょっと呼んでみただけ~

「え~笑」と言われたが,笑顔になったみんなに他には何も言うことは無かった。
1アウト満塁のピンチもあったが,副キャプテンHaruのファーストでのボールデッドによるアウトでピンチを無得点に抑えたのが大きい。
そのあとも,みんなが集中して「2-0」のロースコアで勝利を引き寄せる。

終わった瞬間,御幣島のメンバーはキャプテンをはじめ悔し涙を流していたのが印象的だった。
それだけ姫里との試合に全力を尽くしてくれたのだろう。
その姿を見て胸が熱くなったし,できれば主催チームと決勝戦で対戦したかった。

でも感傷に浸っている場合では無い。
いよいよ決勝戦

予選の勢いそのままで,無敗のまま勝ち上がってきた『九条北さん』に予選でのリベンジをしなければっ(•̀∀•́)b
しかし先日の好文カップ3位の『海老江東さん』をサヨナラ勝ちで制した『高見さん』を「8-0」で下して,やはり長距離砲を備えたパワフルな攻撃力が要注意である。

決勝トーナメントのいい流れを変えたくないので,体力的に持つか気にはなりつつ行ける所まで行ってみようとメンバーそのままで決勝戦へ挑む。
今期のチームとして自分たちでつかんだ初めての決勝戦の舞台にやる気が満ち溢れている。
決勝戦前に御幣島ウグイス嬢(←御幣島Hコーチ)により両チームの選手紹介をしてもらった

監督の紹介もあり,すぐ後ろで「絶対に優勝してください!」と応援してくれている御幣島のメンバーたちに向けて,

「御幣島さんの想いを背負って優勝目指して頑張ります!」

という言葉に盛り上がる応援団の拍手にこっちも一層気合いが入る。

試合が始まってしまうと心配することも無く,内外野ともみんなが集中した全力のプレーで,簡単に点を取られるような展開にならなかった。
決勝戦という大舞台にも関わらず,いい緊張感のなか伸び伸びと試合をしていた。

ただ「5-2」で迎えた最終回,曽谷杯でダウンしたセカンドとサードの5年生2人が顔を真っ赤にしてヘロヘロになっている。
ここでメンバーを入れ替えして逃げ切れるか
流れを持って行かれそうになりランナーを背負ったところでタイムを取る。

もうパターンを読まれたか「また呼んだだけ~ちゃうん?」と余裕のある言葉が出てきたのも良かったが,副キャプテンHaruが,

「せっかくやから監督,気合い入れよう

・・・と言ってくれた言葉にみんなで手を合わせて・・・

『姫里行くぞぉ~おぉ~٩(>ω<)و』

ハッキリ言って,この時点で最後の気合いを注入する皆の掛け声に負ける気がしなかった
最終回2失点で逆転のピンチも,最後は大きく上がったセンターフライをがっちり捕球して,この瞬間「5-4」で優勝が決定した。

何と2連覇達成

ベンチで一生懸命応援してくれたメンバーも含めて最後まで全力を尽くしたみんなが誇らしい。
そして応援に駆けつけてくれた保護者の方々,OGの力強い声援はもちろん,得点するたびに嬉しそうにハイタッチをして盛り上げてくれる姿にも感謝せずにはいられなかった。

みんな最高のプレーと最高の笑顔をありがとう


優勝  姫里KBC
準優勝 九条北子ども会さん
第3位  御幣島ウィングスターさん


16御幣島カップ決勝前紹介  16御幣島カップ優勝  16御幣島カップ最後の挨拶


候補がたくさんいて本当に悩んだが・・・最優秀選手賞にはチームのみんなの笑顔を絶やさないよう終始雰囲気を作ってくれた副キャプテンHaruを選んだ。
名前を呼んだ瞬間『へっ?!』って顔できょとんとしてびっくりしていたのが保護者には大うけだったようで・・・


最後に・・・。

対戦して頂いたチームの皆さん,本当にありがとうございました。

そして運営頂いた御幣島小学校下の各子ども会の皆様をはじめ,その保護者の皆様,事前の準備から大変だったと思いますが,子ども達にとって素晴らしい1日を過ごすことができたことを心より感謝致します





2016-08-07 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR