第1回 新北野校下親善大会

1/29(日),淀川区の新北野中学校にて『第1回 新北野校下親善大会』が開催された。

3校下のキック卒業生たち数名が毎年ソフトボール部に入っていたが近年入部者無し(⊙_⊙)の年もあり,ソフトボール部の存続危機との理由より少しでも早くから興味を持ってもらおうと勧誘も兼ねて顧問の先生が発案されて大会開催に至ったとのこと
中学校ならではの広~いグランドもさることながら背番号チェックやグランド整備など,新北野中学校ソフトボール部員のみんなが終始お手伝いをしてくれてとてもありがたいことであった。

ここ数年,姫里に何かと声を掛けて頂き,お酒を飲まないのにキック以外でもお誘い頂きご贔屓にしてもらっている塚本H監督が今までの経験を活かして全て準備されたとのこと。
大会を開催することの大変さが分かっていながらソフトボール部と子どもたちのために・・・と一肌脱ぐその心意気には感動さえしてしまう(T^T)

この大会には昨年からお付き合いしてもらっている田川のT監督よりお誘いを受けたが,そのご本人がインフルエンザにかかってしまったと前日に連絡をもらってビックリ(´⊙ω⊙`)
気合で治しますっ・・・と言っていたがさすがに無理だったようで監督不在が残念。
ひめっ子たちもインフルエンザで休みがたくさんいて,参加できたが病み上がりで前日は軽めの練習にも関わらず病気で動いていなかった分,筋肉痛になっているメンバーもいて体力面で非常に不安なチーム状態である

他のチームも当然インフルエンザで学級閉鎖になったりしてメンバーギリギリのチームが多い中,同じ西淀川区の御幣島さんだけは6年生全員元気にそろっているなぜだー
6年生が7人いて秋以降メキメキと力を付けてきており,こりゃ今日の優勝候補だな
インフル大流行のこの時期にレギュラーメンバーが元気にそろっていること自体すごいことでありとっても羨ましい。

塚本さん・田川さん・神津新北野さんの新北野校下3チームと招待チーム(御幣島さん・木川南さん・新東三国さん・下新庄さん・清水さん姫里KBC)が3チーム×3ブロックに分かれてブロックをまたがり予選4試合を戦い,上位6チームが決勝トーナメントへ進出できる。
順位決定戦もあってどのチームも合計6試合はできるすごぉくお得感満載の大会である


17新北野親善大会開会式  17新北野親善大会開会式あいさつ  17新北野親善大会試合中


午前中は各チーム予選4試合,ウチは苦手な朝イチから塚本さんと対戦とはこりゃ厳しいこっちゃ。
ただ塚本キャプテンがこっそり6年生が半分欠席という情報をくれた( ̄▽ ̄)
確かに6年生が少ないせいか,いつもよりパワー半減しているようだがそこはH監督の上手さもあり「3-2」のままなかなか引き離せず・・・。
もちろん6年生を避けて攻め,最終回には満塁のチャンスを作ったが時間で切られてあっさり終了。
ちゃんと時間をにらみながらあと最後のひと蹴りができると思っていたのに最終キッカーを認めてもらえず・・・あちゃー
かろうじて勝利できたがあと少しでも点を取っておきたかった・・・。

続いて,昨年はいつも接戦でいい試合をさせてもらったが今期初対戦の旭区清水さん
2試合目だが病み上がりのためかやっぱり動きがあまり良くない。
しかし対戦相手の清水さん,今年は6年生が不在とのことなのできっちり勝たせてもらった。
最終回の何でもないミスからの2失点はムダな失点だったが・・・

1試合空いて神津新北野さん,そのあと下新庄さんと連続して2試合。
どちらの試合も無失点で勝ち『予選4勝・総失点4』の結果で午前中を終える。

今回元コーチのOさんに審判のお手伝いをお願いしていたおかげで試合と試合の合間に子どもたちと話をすることができたのが非常にありがたかった(本当にお世話になりました)。
予選の結果は予想どおり御幣島さんも4勝で失点3・・・姫里は失点4で2位抜けとなった。
・・・と言うことで2試合目の余計な2失点がここで響くことになる

さて決勝トーナメントは・・・
予選1位は4・6位の勝者,予選2位は3・5位の勝者と対戦する「シード枠」へ。

姫里は「新東三国さんvs塚本さん」の勝者と対戦することになった。
終始塚本さんが優勢だったが新東三国さんがミスを足掛かりに3得点して同点に追いつき,そのまま時間切れ引き分けによりサドンデスで決着をつけることになる。
しかし規定のサドンデス2回でも決着つかず抽選の結果,新東三国さんが勝ち上がった。

さぁ続けて準決勝戦で姫里の出番である( •̀ᴗ•́ )و
勢いと運を味方にしている相手と戦うのは要注意

初回に1失点するがその裏,姫里の攻撃がハマり3得点を奪う。
2回を無失点に抑えたその裏にさらに1点加えて3点差で最終回を迎える。
しかしちょっと焦りが出たのか小さなミスからランナーをためられて・・・
何かさっきの塚本さんとの試合展開に似てきた
これはヤバイ・・・すぐにタイムを取ってひと息入れるが新東三国さんの勢い止められず4失点で逆転を許してしまう。

最終回裏の攻撃,先頭キッカーが出塁しバントで送ってプッシュで同点に追いつくことに成功
2アウトになるがランナーを残しており,サヨナラのチャンスに代打を送るがライナーを捕球され同点のまま試合終了。

新東三国さん・・・またまたサドンデスである。
2アウト・ランナー2塁からのスタートだがチョビをアウトにできずランナー1・3塁にされる。
前3へのゴロを1塁への送球がギリギリ間に合わず3塁ランナーのホームインを許してしまった。
前衛にはボールを弾けば満塁策を取るように指示していたが,もっとハッキリ明確な指示を出してあげるべきだったと反省・・・
これは監督のミスである・・・

ただ試合が終わった訳ではない。まだ裏の攻撃があるのだ。しかも1番キッカーからの好打順。
次の2番キッカーに託そうと,足の速い1番キッカーには前1へのチョビを指示する。
前1左側に上手く転がし1塁を駆け抜けセーフ・・・と思いきや何と判定はアウト(⊙⊙ ;)

うそ〜んっ

ベンチから見る限りタイミング的には同時でありセーフであった(と思う)。
しかし判定に文句を言う訳には行かず残念ながらここで無念の敗退。


でも・・・ただひとつ・・・あえてこの場で言っておきたい・・・。

少なくとも試合が決まる場面で,首をかしげながらの自信無さ気なジャッジはやめて頂きたい
他にも審判に泣かされた不可解な場面が何度かあり(このあとの決勝戦でも)納得いかない点もあったが,子ども達が一生懸命やっている以上,大人も自信を持ってジャッジして欲しいと切に思う。
せめて笛ぐらいはしっかり吹いて欲しい・・・って言うか当たり前のことだと思うのだが・・・。
子どもに言う以上,大人も常に全力を尽くすべきだろう


ちょうどその頃から天気が怪しくなってきて主催側の判断によりすぐ決勝戦を行なうことになった。
田川さんとの3位決定戦が無くなったのは残念だがインフルエンザが流行っているこの時期,雨でさらに風邪を悪化させないための迅速な判断はさすがだなぁ。

そして決勝戦・・・
やはり本日みんなの調子が最高潮である「御幣島さん」と,2試合連続サドンデス(抽選含む)で勝ち上がってきた「新東三国さん」との対戦となった。
予選では御幣島さんが勝っており,ウチと対戦するより断然イメージは良いと・・・( ̄ ^ ̄)ちぇ笑

しかし試合は分からないもので,初回新東三国さんがいきなり6得点と怒涛の攻撃。
決勝戦という雰囲気に飲まれたのか(?)応援団のお母さんたちが1番バタバタしていた
ただそのあと御幣島さんは徐々に落ち着きを取り戻し,たくさんの保護者の声援を受けて少しずつ追い上げて白熱した決定戦らしい一進一退の攻防が続く。
そのまま最終回まで進み,またしても「6-6」の同点のまま引き分けで終了。
新東三国さんに取ってはまさかのサドンデス3連チャンである。

さらにそのサドンデスも両チーム譲らず規定の2回でも決着が付かない。
主審と監督が集まって話し合い,決着がつくまでさせてあげようと延長戦を行なうことになった。

そしてついに御幣島さんがセカンドランナーを置いてライト線へ切れていく微妙な当たりがフェアとなりライト後方へ転々とする間,一気にキッカーランナーもホームインで2得点をあげ,結果これが決勝点となった。
御幣島さんの追い上げもすごかったが,新東三国さんの粘り強さも素晴らしい決勝戦だった

御幣島ウィングスターの皆さん,優勝おめでとうございます
ついにやりましたね(*^^*)
心置き無くいつも以上に浴びるほど祝杯をあげてください


17新北野親善大会表彰  17新北野親善大会集合  17新北野親善大会結果


優勝  西淀川区『御幣島ウィングスターさん』
準優勝 淀川区 『新東三国連合子供会さん』
3位   淀川区 『田川連合子供会さん』
3位   西淀川区『姫里KBC


最後に各チームから1名を選出する優秀選手賞は,元気よく大きな声でチーム全体に指示を出し,4番キッカーとして攻撃面でもホームランなどで活躍した5年生のMiyuとした。
インフルに掛からなかったが学年閉鎖で外に出れずウズウズしていたこともあって,めいっぱい動けて本人も嬉しそうな笑顔だった
体調が万全で無いメンバーが多い中,結果3位はよくやったと褒めてあげたい。
この時期は体調管理が難しいが,次は万全の体制で試合に挑みたいな。


最後になりましたが・・・第1回という記念すべき大会でたくさんの試合を組んでもらい,しかも新北野中学校のソフトボール部員の協力もあって楽しい1日を過ごすことができましたことをチーム一同感謝致します。

これを機に少しでもソフトボールに興味を持った子どもたちが入部したら,この日のご苦労も報われるというものですね(•ᵕᴗᵕ•)⁾⁾
せっかくの素晴らしい試み,来年以降も続けてどんどんソフトボール部員が増えるきっかけとなる大会になることを願っております。





2017-01-29 : キック活動日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
谷さんのおっしゃる通りです!
大人も全力でジャッジしないと子ども達に失礼だし可哀想です。
デッドやファールなのに笛を吹かないのはもってのほかです。

2017-02-07 19:13 : 馬場 URL : 編集
馬場さんと一緒に観ていた決勝戦でも
呆れるシーン何度かありましたよね…。

真剣にやってる子どもたちにとっては
笑いごとじゃ済まされませんからね。

大人も常にもっと勉強して経験を積むべきだと思います❗
2017-02-07 21:36 : 姫里キック隊長 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR