審判も全力で

ちょっと前,プロ野球での誤審が話題になっていた。
機械じゃないから間違えることもあると思うけど明らかに・・・ってのはちょっとなぁ・・・

キックの場合は試合をしていないチームの指導者が協力して審判するのが一般的で,練習試合なんかは自チームから出てやることもある(ソフトボールとかも同じですね)。
我々はプロでは無いし,特に10人制キックでは審判の資格がある訳でも無い。

しかぁ〜し

子どもたちが一生懸命プレーをやっている以上,審判をする大人も全力を尽くすのが当然だと思う。
どんな試合であってもルールを理解し堂々とジャッジして審判のレベル向上の意識をしていたい。

よくあるのは守備者やランナー後ろのボールが見えない位置でジャッジする人・・・。
ランナーがベースに到着した瞬間にボールが同時に見れる位置に素早く移動してひと呼吸おいてからアウトセーフのコール。
首を傾げたりせず適切な位置で自信を持ってしっかり判定してあげたい。

市子連ルールでは例えばキッカーランナーがアウトになるのは,
「キッカーが1塁に達する前にボールを保持する野手によってタッチされるか塁上で保持するか塁にタッチしたとき」となっている。
・・・と言うことはランナーとボールが同時ならセーフであるがランナーがベースに到達する直前に勢いと雰囲気でコールをする人もいたりする。
とにかく焦らず‟ひと呼吸おいてからアウト・セーフのジャッジ”である

特に1塁審は当て玉によるボールデッドがあるためギリギリのタイミングでベースから足を離すことを予測しておかないと試合展開が大きく変わってしまうことがある。

同様にタッチアップは完全捕球してからのタイミングでランナーがスタートを切っているかを見える位置に素早く移動できるかが重要である。
子どもにアピールされて「え(⊙_⊙)何のこと?見てなかったでは残念過ぎる。

人間なのでミスジャッジが起こるのは仕方ないが,文句の付けようのない立ち位置でボールを予測して審判することを忘れてはいけない。
そう言う意味では自チームの試合で監督として采配する以上に審判していると集中力を使って疲れるものなのだと言うのを理解して欲しい。

特に暑い夏場になると「試合→審判→試合→審判・・・」など指導者にとって地獄である。
肝心の自チームの試合でフラフラで頭が回らなくなってくることもある。
だからスタッフが多いチームの監督は有り難いと思うし,代わりに審判に進んで行ってくれるコーチ陣にはいつも感謝である。
ただ・・・大きな大会の決勝審判は指名制の場合が多く審判する側もかなりのプレッシャー
でも指名されるのは有り難いことだし,そんな舞台で経験を積むのも審判のレベルを向上させる近道になるんだろう。
本音は自チームが決勝戦で戦ってくれれば審判せずなぁ~んも気にしなくていいのだが・・・σ(^_^;)


いずれにせよ・・・子どもたちが全力でプレーしているのだから大人も負けずに常に勉強して全力で誠意を持って審判したいですよね





2017-08-01 : 監督のひとりごと : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
その通りだと思います!

審判は必ずボールの見える位置に動いてジャッジが基本です。
①声は大きく。
②笛は大きく吹く。
③セーフとデッドは素早く、アウトは一呼吸おいてジャッジ。

講習会で講師をする時は上記の3つを必ず伝えています!
2017-08-05 22:23 : 馬場 URL : 編集
馬場さんへ
ありがとうございます。

馬場さんのハッキリとした分かりやすいジャッジを
いつもお手本にさせてもらっています。
焦らず、急ぎ過ぎず、適度な速さですね!

対戦チームの指導者のみなさんはもちろん、
一生懸命プレーしている子どもたちのためには
どんなに自分のチームの試合で疲れていても
精一杯やろうと思います(*^^*)

またご指導お願いしますね❗
2017-08-05 22:33 : 姫里キック隊長 URL : 編集
No title
ミスしても総監督、監督が謝ってくれるだろうという安心感と、(約30年前)大学時代のバスケ審判経験の勢いで、出来る限り審判しようと思ってます。(バスケとは、視野の取り方、ボールデッドのタイミング等が違い、経験が却って邪魔していると感じることも多いです。)
キックベースの審判、ルールブックを読んだだけではイメージできないことが多く、判定に迷ったり、プレーを見落としたり、とても難しいです。
オールドルーキー審判挑戦者として、選手のレベルに負けないよう、レベルアップできたら嬉しいと思っています。
2017-08-07 19:21 : kamijo URL : 編集
Kamijoコーチへ
いつも審判を快く引き受けてくださり助かります。
単純なように見えて奥深いキックベースボール。

子どもがやることなので予想外の出来事もたくさんですね!笑
ルールの勉強をしながら少しずつ経験を積んで,これからもよろしくお願いします。

2017-08-07 22:14 : 姫里キック隊長 URL : 編集
No title
おっしゃる通り
2017-08-08 10:58 : 頑固親父 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR