短距離ランナー

日曜日のホームでの練習のこと。
この日は姫里小学校OBで現在高校3年生の‟陸上部短距離ランナーであるK君が来てくれた。

先週行われた‟西淀川区地域対抗運動会”でコーチがその走りを見て声を掛けたところ・・・
本当にひめっ子たちのために走り方を教えに来てくれたのだった。
K君は大阪府の大会でも上位を狙えるタイムの持ち主で優しくて気さくなナイスガイである。
子どもが好きなようですぐに打ち解け,休憩中も低学年たちに囲まれ遊ばれていた( ̄▽ ̄*)

100m走の好タイムを聞いてもピンと来てなかった失礼なひめっ子たちも
「50m走6秒台」と聞いてさすがに驚いていた(⊙_⊙)

しかも小学生でもできるメニューを事前に色々と調べて考えて来てくれたのである。
何となく・・・では無くきっちり指導をしてくれようと言う想いがすっごく伝わってきた。

さっそく腕の振り方・足の出し方・リズム・スタート時の体重の乗せ方など,ひとつひとつを丁寧に休憩も入れながら約1時間半指導してくれた。
速く走るための基本的な動きを楽しみながら教えてくれたが,例えばいつも聞いてることでもたま~に違う人から言われると改めて理解も深まるので子どもたちにはとても有意義な時間だった。

さすがに小学生相手なので「言葉のチョイスや説明の仕方が難しいですね」・・・と少し戸惑っていたものの「すごくいい経験になりました」と逆に感謝してくれた。


171119 陸上1  171119 陸上2


最後は楽しく終わろうと「ひとり鬼」となりグランド全体を逃げ回る子どもたちと‟鬼ごっこ”をしてマジモードで走り回ってくれた。
ひめっ子たちは楽しそうに一生懸命逃げていたが,さすがに25人ほどの小学生相手に運動場全体を追いかけまくっていたので最後は少々バテていたが皆んな笑顔で走り回っていた。
ホントにナイスガイな短距離ランナーであった(*^-^*)

普段いろいろやりたいことが多くて限られた時間で練習しているが,今回走ることに特化して意識付けさせることができたのは子どもたちにとってプラスになったことだろう。
速く走れることは大きな武器になるので,すぐには無理でも教えてもらったことを少しずつ意識して速く走れるようになってくれたらいいな~。

K君,忙しい時間の中,ひめっ子たちのために本当にありがとう
また良かったらいつでも遊びに・・・いや指導しに来てあげてね




2017-11-19 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR