第10回港50大会

12/17(日),今年も港区女子キックベースボール連盟主催『第10回港50大会』に参加させて頂くことができた。
この大会は‟出場する選手10人の学年合計を50以下”にしなければいけない特別なルールがある
6年生を出すためにはその分低学年を起用する必要がありいろいろなパターンを考えていた。

ただこのところ2大会に渡り,予選を無難に勝ち抜くものの決勝トーナメント1回戦敗退が続いており悪い流れを変えるのに一度コーチが1日を通して采配してみてはどうか・・・との提案があり試してみることにした。
・・・と言うことでこの日は橋○コーチにメンバー&采配とも全て任せることにし,それを子どもたちにも説明した。

予選は港区の2チームと対戦するのだが・・・まさか何ということでしょう・・・(⊙_⊙)
その対戦相手は市岡さん三先さん
すれ違う他のチームの方たちに「くじ運が無かったね」,「かわいそうに」と言われる。
でもこの大会に限って言えばどのチームも学年合計50以下なのだ・・・とみんなに言い聞かせる。
毎年なぜか陽の当たらない寒~いコートになってしまうこの大会,今年もコートに変わりは無いのだが風が無いので寒さもそれほど感じず何とかなりそう

初戦のvs市岡戦「6666655532」のメンバー構成。
しかし初回から足とパワーある攻撃に5失点し,そのあと何とか2点を返すが2・3回に守備が崩壊し攻撃面でもランナーさえ出せず「3-17」の大敗。
キャッチャーとサードに2・3年生を起用しているが他のメンバー的にはいつもとそんなに遜色ないはずなのだが・・・。

2試合目のvs三先戦「6666666332」の6年生をメインにした構成で挑む。
上位打線の4連打と3年生Minatoのヒットで初回に3得点した。
しかし市岡戦と同じようにパワーある攻撃に耐えれず守備のミスが目立って大量失点。
初回以外は得点できず全く1試合目と同じような展開で「3-15」の大敗だった。

予選2試合の雰囲気の悪さやプレーひとつひとつに対する雑な部分だけが目立ちあまりにも不甲斐無かったので全員を集めて話をした。
いつも以上に6年生が5年生以下・・・特に2・3年生をサポートするよう先週から言い続けて来たことが全く試合中に見ることができなかった。
低学年どころか自分のことでいっぱいいっぱいの姿が残念過ぎた
今日はあまり口を出さず低学年にだけ声を掛けて,あとはコーチに任せて高学年の自主性を期待して見守っていたが,いつものように声を掛けていなかったことに気付いていた5・6年生もいた。
それを次はどうするのか
6年生主体で話をして結果をあとから伝えに来るよう言ってその場を離れた。

2敗で予選敗退したので午後からは池島さんと交流戦。
午前中より動きと声掛けは良くなったもののまだまだ納得のいくものでは無かった。


17港50予選  17港50決勝  17港50優秀選手賞


決勝戦はともに予選を戦った三先さんvs市岡さんとなった。
くじ運が悪かった・・・と言えばそうなのだが今大会はどのチームも条件は同じはず。
悪い流れが少しは変わるかとコーチに采配してもらったのだが,チームの雰囲気としては今が1番底なのかも知れない。
話をして今の状況をどれだけ理解してくれたのか。チーム状況をどう変えて行けるだろうか・・・。


 優勝  三先子ども会さん(港区)
 準優勝 市岡連合子ども会さん(港区)


この日の優秀選手賞は,6年生を少しでも出すためにキャッチャーとしてずっと試合に出て頑張った2年生のMiokoだった。
一生懸命ボールを受けて全くミスが無かったのは日頃しっかり練習してきた成果だと思う。
照れながらもちょっと自信が付いたような嬉しげな笑顔だった


最後になりましたが・・・,
港区女子キックベースボール連盟の関係者の皆様,今年も朝早くからの準備や進行,後片付けまで大変お世話になりありがとうございました。
来年も呼んで頂けるようにチームみんなで頑張って行きます。



2017-12-17 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR