FC2ブログ

第2回 新北野校下親善大会

1/28(日)淀川区の新北野中学校にて『第2回 新北野校下親善大会』が開催された。

去年に続いてグランド整備やスコアラーなど,新北野中学校ソフトボール部員のみんなが終始お手伝いをしてくれるとてもありがたい大会である。
昨年の記念すべき第1回大会はどのチームもインフルエンザでベストメンバーが組めない様子だったが今年は比較的どこもマシなようでσ(^_^;)

塚本さん・田川さん・神津新北野さんの新北野校下3チームと招待チーム(御幣島さん・新東三国さん・下新庄さん・三国さん・野田さん姫里KBC)が3チーム×3ブロックに分かれてブロックをまたがり予選4試合を戦い,上位6チームが決勝トーナメントへ進出できる。
順位決定戦もあってどのチームも合計6試合はできるすごく嬉しい大会である

午前中は各チーム予選4試合。
初戦はすでに1試合目を終えてカラダが動いている昨年度の優勝チーム御幣島さんとの対戦。
寒い中どれだけ動けるか心配であったが初回の守備で緊張もほぐれたのか,その裏の攻撃でランナーを溜めて5番Miyuの満塁ホームランが飛び出し勢い付いた
そのあと2回には下位打線から打者一巡の猛攻で7点チェンジにより「11-1」で試合を決めた。

続いてインフルエンザの影響を受けたメンバー不足の田川さん
2人足らない所へ中学生がサードとキャッチャーを守って,蹴るのもプッシュのみの特例での対戦。
しかし田川さんは5年生以下が主たるメンバーなのでパワーではこちらが優勢。
Yuzu・Suzuka・Mikiが立て続けにホームランで圧倒して「14-0」で勝利する。

1試合空いて予選最大の山場,淀川区の強豪新東三国さんとの対戦である。
初回に2得点するもののそのあと両チームとも相手の守備に阻まれ無得点。
3回に1番キッカーからの好打順で手堅い新東三国さんの守りから何とか点を奪い「3-0」としたが,最終回にノーアウト満塁のピンチを招く
1失点するもののタイムで落ち着いたあとはアウトを3つ続けて何とかそのまま「3-1」で逃げ切った。

続けて神津新北野さんとの予選最終戦。
初回からそつなく得点を重ねて行き,最終回に外野の前に落とされる攻撃を続けられて失点するが「8-5」で勝って『予選4勝』の1位抜けで午前中を終えた。


18新北野開幕式  18新北野試合前  18新北野予選


決勝トーナメント・・・予選1位の姫里は4・6位の勝者と対戦する「シード枠」へ。
‟神津新北野さんvs下新庄さん”の勝者と対戦することになる。
終始,神津新北野さんが優勢に試合を進めそのまま勝ち上がってきた。

続いて準決勝戦,姫里の出番である( •̀ᴗ•́ )و
しかし予選で戦った相手ともう一度戦うときは要注意

細心の注意を払い初回相手の攻撃を無失点に抑えると,その裏リズムに乗った怒涛の攻撃。
一気に7点チェンジで優位に試合を進める。
そのあとも勢いは止まることなく無失点で抑えた2回もみんなで繋いで最後はMikuの満塁ホームランなどで「14-0」としてそのまま決勝戦へ駒を進める。


その決勝戦の相手は・・・やはり予選2位抜けだった新東三国さんであった。
ちょうどその頃から雪がチラチラ振り始め寒い中で決勝戦を行なうことになる。
予選はどちらのチームもなかなか得点できずだったが,新東三国さんに表の攻撃を取られた初回に先制パンチを喰らわされた。
いきなりの4連打で2失点して少しバタバタ・・・
裏に1点返すが2・3回に1失点ずつでじわりじわりと離される。
新東三国さんのガードが固い守備の中,3回裏に何とか繋いで1点を返すが追いつけない。
最終回にちょっとした送球ミスの間をつかれて好走塁で得点されて「2-6」となる。

そこで迎えた姫里最後の攻撃
増○コーチの掛け声で絶対に諦めないとベンチ前で円陣を組む
下位打線から繋ぎ1点返してさらに満塁にするが相手の正面へのゴロなどで2アウトでピンチ・・・。
ここで緊張MAXの中,キッカーサークルで大きく深呼吸して集中したキャプテンSuzukaの外野へのライナーで2点を返して1点差まで詰め寄る。
小技が決まってまた満塁になったところで6番キッカーMiki
後ろに下がった内野陣を見て狙ったセカンドベース左手前に少し強めに行ってしまったゴロ
1塁ランナーMiyuの最高のスタートダッシュからのスライディングだったが,新東三国のセカンド懸命の送球はベンチからは同時セーフに見えたが2塁審の判定は間一髪アウト

あと1点及ばず「5-6」のゲームセットで決着が着いた。
悔しさいっぱいのメンバーだったが4点差から最後まで諦めることなく攻め続けたのは我がチームながら立派な姿だった。


18新北野整列  18新北野円陣  18新北野決勝



  優勝  新東三国連合子供会さん(淀川区)
  準優勝 姫里KBC(西淀川区)
  3位   神津新北野連合子供会さん(淀川区)  
  3位   御幣島ウィングスターさん(西淀川区)  


最後に各チームから1名を選出する優秀選手賞は,キャッチャーとして試合を作り,準決勝戦では外野の間を見事に抜けて行く満塁ホームランで試合を決めた6年生のMikuとした。
負傷した足が完治せず試合から遠ざかる時期もあったが諦めずにキックを続けてきて良かったね。

ただチームとしては年明けから上り調子で優勝を目指していただけにとても残念な結果だった。
ほんの一瞬の判断ミスや些細な送球ミスによる失点を防ぎ切れなかったのも事実・・・。
何とか勝たせてあげたかったが悔しい気持ちを残りの大会にぶつけて行きたい。


18新北野表彰  18新北野みんなで  18新北野優秀選手賞



最後になりましたが・・・昨年に続いて今年も参加させて頂けたことをチーム一同感謝致します。
ソフト部員が力を合わせて協力する素晴らしい姿,来年以降も続けてソフトボール部員が増えるきっかけの大会になることを願っております。





2018-01-28 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR