FC2ブログ

6年生の卒団式

3/24(土)今期もついに6年生のキック最終日を迎えた。

午前中は久しぶりに「記録会」を行ない,走る・投げる・蹴る・・・の3種目を全員で測定した。
3ヶ月前よりみんな記録が伸びていて地道に練習を重ねてきた成果かな~。
そうなるとまた3ヶ月後の記録会が楽しみだな

そのあと「親子キック大会」ということで,パパさん&ママさんにも参加してもらう。
 新チーム vs 6年生+2年生・・・で1試合
 その各チーム vs 保護者チーム・・・で1試合ずつ
 6年生+5年生 vs 監督・コーチ+パパ&ママ8人チーム・・・で1試合
最初はみんな楽しく・・・のつもりが「大人げない」と言う子どもたちのブーイングも聞こえない振りして途中から大人の方が本気のプレーで,あっという間に楽しい時間が過ぎていった。
ただパパさんもママさんも負けじと頑張っていたが子どもたちにはかなわず,いつも試合を観てブーブー言っていたが子どもたちのすごさが少しは分かったかも( ̄▽ ̄)
でも・・・ケガが無くてホント良かったですね~


18親子キック整列  18親子キック保護者達  18親子キック低学年たち

さて・・・お昼ごはんを食べて午後からは,いよいよ6年生の卒団式本番スタート
5年生以下のママたちが準備してくれたお菓子や飲み物でお腹もいっぱいになったところで,低学年から順番に出し物を披露する。

 ★2年生・・・ありがとうのお手紙
 ★3年生・・・リコーダーによる演奏
 ★4年生・・・サンドイッチのロシアンルーレット
 ★5年生・・・箱の中身は何でしょうゲーム

それぞれの学年が協力しあって一生懸命考えてくれたのが伝わって来る。
2~5年生のメンバーから6年生へ贈る言葉や手紙などのプレゼント,6年生の割りばし&輪ゴム伝達ゲームなどでさらにも盛り上がる
そして毎年恒例,監督から今年1年を振り返ったチーム年間成績&個人タイトルなどの結果発表
毎年手書きで作成するのが大変なので今年はテレビの大画面にパソコンを接続することにした。
これで来年からデータを使い回せるな( ̄▽ ̄)ハハハ


18卒団式2年生  18卒団式3年生  18卒団式4年生


そして次に新チームのキャプテン&副キャプテンの発表である。
6年生たちの意見をもとに指導者と相談した結果を現キャプテンから発表してもらう。

キャプテンには,いつも前向きで明るい笑顔が絶えない“Hinata”を,副キャプテンには,いつも全力でみんなに勇気と元気を与えてくれる“Sakura”と,ていねいなプレーといつも低学年の面倒をしっかり見てくれる“Hinako”が選ばれた。
他にも候補はいたが,キャプテン・副キャプテン関係無く5年生全員が中心となってみんなで新チームを盛り上げてくれることを期待したい


次に卒団していく6年生から,我々指導者や後輩たちへの感謝の言葉をもらいウルウル・・・
事前に手紙を書いて来るように言ったときは「え~メンドクサイ~」とか言ってたメンバーたちも一生懸命考えてくれたんだな~と感じる想いの詰まった手紙を読んでくれたことに感激した

そしてマネジャー・コーチ・監督,最後に総監督から卒団していくみんなへ贈る言葉・・・。
長い時間一緒に過ごしてきたので,自分が話す前からみんなと過ごした数々の想い出がたくさん甦ってきて・・・もしかすると今までで一番泣いたかも知れない・・・

さらに卒団生の保護者から丁寧なご挨拶をして頂き,さらにチーム名が入った折りたたみ式の
『キャリーワゴン』
まで贈呈して頂いた。
遠征のときにメンバーが荷物を運ぶのに助かります。
本当にありがとうございます大切に使わせて頂きますね


18卒団贈り物2  18卒団贈り物1  18卒団贈り物3


しかし終わりが近づくに連れ,毎週みんなとキックで会うのが楽しみだっただけに,今日で最後なんだと思うと卒団を祝ってあげたい気持ちと寂しい気持ちでいっぱいになる・・・
でも本当に毎週いろんな想い出と感動をたくさんプレゼントしてくれたメンバーなのだ


キャプテン Suzuka
 6年生になって足のケガで手術をすることになり辛い時期もあったが
 我慢したおかげでチームに早く戻って来ることができた。
 キャプテンとして最初は戸惑っていたかも知れないが,次第に周りにも
 気配りができるようになり,最後はすっかりキャプテンらしくなった。
 ふざけていても監督としての僕の言葉を素直にしっかり聞いてくれて,
 チームをまとめようといつもみんなに声を掛ける姿があった。
 
副キャプテン Yukie
 優しさゆえに小さい時は泣くこともあったが,すっかり心も体も成長した。
 低学年たちのことはもちろんのこと,同じ6年生の面倒も見てくれる
 優しい‟チームのお母さん”的な存在で,いてくれるだけで安心だった。
 試合はもちろんのこと練習も毎週欠かさず休むことの無い,キックのことが
 大好きな頑張り屋さんだった。

副キャプテン Miran
 朝がちょー苦手だったが,高学年になるにつれて徐々に心を開いて
 いろんなことを楽しそうに話してくれるようになったのが嬉しかった。
 恥ずかしがり屋で真面目な話が苦手だが僕の話はきちんと聞いてくれた。
 低学年のときから運動能力は高く成長とともにさらに体も大きくなり
 足の速さ・肩の強さを生かしたスーパープレーが素晴らしかった。

Miyu
 いつもどん欲に練習に取り組み,安定した守備と強肩による外野からの
 送球は見ていていつも気持ちのいいプレーだった。
 高学年になるに連れてキック力もアップしてチームで一番得点を稼いだ。
 活躍した試合は数えきれず,外野からチームのみんなへ声を掛け,
 ピンチではいつも頼りになるひとりだった。

Yuzu
 他のチームが警戒してもセーフになるほど素晴らしい足でかき回し
 1番キッカー切り込み隊長として,たくさん活躍してくれた。
 小さいときから自分のことよりもチームメイトや指導者のことを
 いつも気に掛けてくれる優しさを持っていた。
 僕のどんな話にも真剣に耳を傾けてくれるだけでなく,試合に勝って
 監督を喜ばせたいと言ってくれるのが嬉しかった。

Miki
 足が速く肩が強く長打も期待できて,いつもニコニコした笑顔で
 チームみんなに声を掛ける姿が印象的だった。
 活躍する姿を見て欲しい!と言って,どんなときも明るく元気で
 伸び伸びと一生懸命プレーしていた。
 キックをしている姿を見ているとこっちまで楽しい気持ちになった。

Ayamu
 低学年の時はちっちゃい体で大きなボールを上手く投げることが
 できないこともあったがたくさん練習してすっかり成長した。
 好走塁と果敢に攻めるスライディングはいつも気持ちよかった。
 そして誰よりも元気な声でいつもチームを盛り上げてくれた。

Nao
 6年生になって急激にキックの飛距離が伸びホームランを量産した。
 ただ全力と気の抜けた時の差が大きいのが玉にキズ・・・笑
 でも低学年の時から卒団まで,変わらず天然キャラ炸裂でチームの
 みんなを和ましてくれる雰囲気を持っていた。

Miku
 いつも笑顔で低学年に優しいお姉さんだった。
 ケガが多く途中でやめようかどうしようかという時期もあったが,
 諦めることなく最後まで続けることができて本当に良かった。
 みんなと一緒に試合に出て活躍して勝てた想い出はきっと
 忘れることは無いだろう。


18卒団式歓談  18卒団式5・6年生  18卒団式キャプテン


これから中学校へと進みそれぞれが成長していく中で辛いことや嫌なことがたくさんあると思う。
でもみんなと一緒にキックをやって来たことや,監督として言い続けてきた言葉,

何事も諦めないこと,努力を惜しまないこと,仲間を大切にすること

・・・を忘れずに,これからの人生を歩んでいって欲しいと願ってます。
卒団しても,いつでも元気な顔を見せに来てくれることを待ってます!
いつでもみんなのことを応援しています!

小学校卒業とキック卒団,本当におめでとう
そしてたくさんの想い出をありがとう



そして最後に保護者のみなさま・・・

大切な家族の時間を削って毎週キックのためにご協力頂いたことに感謝致します。
ご期待にお応えできず申し訳無かったと思うこともたくさんありましたが,
『姫里KBC』のメンバーとして卒団まで続けてもらえたことに指導者一同感謝しております。

これからも卒団した子どもたちのことを応援しています。
いろいろとお世話になり本当にありがとうございました。





2018-03-24 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR