FC2ブログ

第13回 曽谷杯大会

猛暑・・・より酷暑と言う言葉がふさわしい・・・。

そんな7/16(月・祝)海の日に南港中央公園グランドで住之江親睦リーグ主催の
第13回 曽谷杯大会が開催された。

‟総勢44チーム”と去年をさらに上回るスゴイチーム数が集まっての開催となった。
8ブロックに分かれて各チーム予選を3試合ずつ行ない,AB・CD・EF・GHの各ブロック上位4チームの合計16チームが決勝トーナメントに進出できる。
昨年は準々決勝で井高野和さんにあと一歩のところで逆転サヨナラ負けとなり悔しい思いをしての‟ベスト8”という結果だった。
市大会が終わってから本格的に猛暑がやって来てこの土日は暑すぎて練習どころじゃなかったが,前日の練習ではチームみんなが次の目標を掲げて気合いが入っていた

コート責任者だったのでメンバーたちより1時間早くひとりグランドへ向かい「予選Gブロック」のコート作りに頑張るが,準備だけで汗だくの喉カラカラになり「1日大丈夫かと心配になった。
しかもこのGコート・・・8コートで唯一内野に草が生えていてゴロが転がりにくいのだった。

時間になり各チームが集まりだし,ウチのメンバーも無事元気にやって来た。
そんな中,御幣島さんからメンバーのヘルプ要請があり,本人の希望と試合経験を積ませたいこちらの意向もあって将来のエース3年生のMiokoを送り出す頑張れ~

全チーム整列しての開会式も終わり,各コートすぐに1試合目が始まる。
抽選の結果,お相手は市大会でも対戦させてもらった高見さんだった。
も~ウチのこと好きなんだから~( ̄▽ ̄*)笑
ただ予想通り転がらないコートに翻弄される・・・
攻撃もさることながら守備でミスが出て3回表に「3-3」の同点に追いつかれてしまった。
それでもYuiSakuraのホームランを含む連打で「11-3」として一気に試合を決めた。
高見の渡○監督「途中まで接戦にして喜ばさんとってくださいよ~」と言われたが,まさかウチにそんな余裕はありませーん

1試合空いて次は,今期初対戦の新東三国さん
監督が代わられたが淀川区の大会では準優勝されており要注意。
前の試合を観ていると上位打線が速くて強烈なプッシュを多く仕掛けていたので警戒していたのだが,見事に決められあっと言う間に2点を先制される。
しかし2回にAyameのホームランのあと下位打線の連打と相手のミスにつけ込み逆転に成功。
3回にまた上位打線の強烈なプッシュから2失点するが「5-4」で逃げ切った。

予選最後は低学年の多い中宮さんとの対戦。
さすが基礎はしっかりしている。もっとウチの低学年たちも鍛えないとな~。
それで・・・と言う訳ではないが3年生の2人も途中から交代して試合に出した。
2年後にはまた強い中宮さんになってるだろうが今回は「11-1」で勝たせてもらった。

予選3勝して目標としていた予選突破はできたが,同じGHブロックにいる宮原さん八幡屋さんがどちらも3勝している上にかなり得失点を稼いでいて結果‟3位抜け”となった。


18曽谷杯 開会式  18曽谷杯 予選  18曽谷杯 予選結果


お昼を挟み決勝トーナメント1回戦のお相手はABブロック2位の中央さんだった。
まだ今期になって一度も勝てておらずメンバー達も不安そうだが,春先の新人戦にて大差で負けてからリーグ戦・練習試合を重ねて徐々に点差が縮まってきている。

「だから・・・今日は勝つ日だな
そう言った言葉にメンバー達もヤル気になったようだ

初回,中央さんのミスもあり4点を先制してみんなに余裕が出た。
ただ攻撃力のある中央さんはどこからでも長打攻勢があるので点を取れるだけ取っておきたい。
毎回1点ずつ失点するものの,守備の動きがよくてみんながカバーし合って大量失点を防いでいた。
3回を終わった時点で「4-3」とわずか1点差。
決勝トーナメントからは4イニングだが4回表のみんなの集中力は切れることが無かった。
繋いで繋いで1点ずつジャブのように攻撃を重ね6得点を奪った。

それでも最終回,中央さんも攻撃の手を緩めることなく強打による6連打で5失点・・・。
あと1つのアウトを取れずに苦しんだ市大会を思い出すがタイムを取って集めたみんなの顔はその時と違って自信に満ちあふれていた。
「ひとつひとつアウト取って行こう・・・ああとひとつ取ったら終わりやった~
と掛けた言葉にみんなの笑顔が見れた。
そのあと落ち着きを取り戻し,きっちりアウトを取って「10-8」で準々決勝に進んだ。

続く連戦,準々決勝戦はその前の試合で今津さんに逆転勝ちして勢いに乗っている平林さん
今期負けていないが,いつも楽しい試合をさせてもらえる。
初回からどちらもミス無く締まった試合になり「1-1」からの3回に試合が動く。
ランナー1塁からMiyuuのライトオーバーのホームラン性の飛球が出たが,反対側で試合をしている外野手に当たりボールが止まり思いのほかボールが速く帰ってきた。
その結果スリーベースヒットになってしまったのは残念だったが,HinataRisakoが続いて「4-1」としてそのあと気合いで守り抜いた。
暑さもピークでみんな真っ赤な顔をしていて体力的にキツくなってきたのが見てわかる。

この時点で決勝トーナメントに入って3連戦・・・ここまで来たらあとは気持ちとの戦いである。
そのお相手は・・・先週大阪市No.1になった宮原さんでこれ以上ない相手に胸を借りるつもりで挑む。
しかし初回から速い攻撃をたたみ掛けられ7点チェンジを奪われてしまう。
上手い守備に阻まれて中々得点できないが諦めることなく何とかボールに食らい付く選手たち
この日どんなに暑くてもしんどくてもケガをしても誰ひとり決して交代することなくギリギリのところで頑張ってきたがついに力尽きて準決勝戦は「1-12」で敗れ去った。

去年を上回る過去最高の結果であり,子どもたちは酷暑の中で最後まで本当によくやった。
一歩及ばず残念だったが,スタミナ面でも精神面でもすごく成長したみんなを見ることができた。


18曽谷杯 準々決勝  18曽谷杯 閉会式  18曽谷杯 3位表彰


そのあとの決勝戦は市大会1回戦の再来となる宮原さん八幡屋さんの対決となった。
試合内容は一進一退の攻防となり,5回終わって同点,サドンデスを2回するものの両者譲らず,さらにもう1回延長するが「9-9」で決着が付かず仕方なく抽選となった結果・・・八幡屋さんの勝利となり市大会のリベンジを果たされたのであった。
素晴らしい試合で今回も1塁審を務めたが・・・最後までこっちが緊張したな~


 優勝  八幡屋子ども会さん(港区)
 準優勝 宮原連合子ども会さん(淀川区)
 3位   築港子ども会さん(港区)
 3位   姫里KBC(西淀川区)


強豪チームひしめく44チームもの参加のなか,3位になった子どもたちのことを誇らしく思う。
厳しい暑さのなかチーム全員が最後まで諦めずに試合を楽しめたのが何よりだった。
そしてよくよく考えると・・・結果的に予選GHブロックの1~4位のチームが上位を独占した。
くじ運もあるがそれだけレベルの高いブロックから勝ち上がれたことが嬉しい。

そんな本日の優秀選手賞は,予選からいいところでホームランや効果的なヒットで得点を重ね,守備でもセンターゴロで1塁アウトにするなどの活躍をしたAyameを選んだ。
始めはキョトン・・・としていたが個人でのメダルを初めてもらって嬉しそうな笑顔だった
これからもまだまだ活躍してくれることを期待してるぞ


18曽谷杯 決勝トーナメント結果  18曽谷杯 優秀選手賞  18曽谷杯 終了後


朝早くから1日暑い中,夕方まで子ども達もよく頑張ったし我々従事者もよく耐えた
応援に来てくれた保護者の方々にも,ずっとスコアラーをしてくれたママにも本当に感謝。

「失敗しても『次はできるぞ~笑顔で楽しんで~』って監督・コーチが子どもたちの気持ちを上げていたからみんなの力になったんです。それが嬉しくて改めていいチームだなと思いました
ただ子どもの力を試合でどれだけ引き出してあげれるか声掛けしてきたことを,キッカーサークル後ろのスコアラー席から観てそんな風に思ってもらえたことは素直に嬉しい
このいい雰囲気のまま次も楽しく元気なチームでやって行きたいと思う。

最後に住之江親睦リーグ実行委員の皆様,参加されたチームの皆様,1日お疲れ様でした。
まだまだこれからも暑い日が続きますが,また元気よく対戦できることを楽しみにしていますので今後ともよろしくお願い致します。ありがとうございました。






2018-07-16 : キック活動日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
準決勝を含めて、練習でも見たことがないような良いプレーがたくさんあり、応援していてとても楽しかったです。
ミスに関しては、ベストのプレーをしようとして、わずか力及ばずのミスがほとんど。こんなミスは大歓迎、チャレンジの気持ちを感じました。
最上級生、みんな頑張ってますね。
6年生8人全員が一歩ずつ成長することによって、5年生以下を引き上げてくれるようなチームになって欲しいと思っています。
2018-07-31 19:18 : kamijo tadaharu URL : 編集
さらに上を!
本当にいい試合をしていました。
暑さで疲れてるはずなのに目が輝いていましたよね。
ミスを恐れず全力のプレーができたのはベンチからの応援の力も大きかったと感じました。

我々も頑張って、みんながさらに上のレベルを目指そうと思う雰囲気にしてあげたいと思います!
2018-08-01 22:38 : 姫里キック隊長 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

姫里キック隊長

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR