大和田ドリーム杯 予選会

10月14日(日),西淀川区大和田中央グランドにて『第8回大和田ドリーム杯 予選会』が開催された。

雨や運動会で練習から遠ざかっていたのでかなりの不安だがいずれにしろチャレンジあるのみ
いつも通りキャプテンのJuraを始め,副キャプテンのAsuka・YoshikaとムードメーカのHaruを呼んで今日の意気込みを聞いてみる。
みんないつも以上に気合が入っているようだ


参加チームは9チームで次の通り。(敬称略)
大和田,舟西,御幣島,KMN,福島,鷺洲,海老江西,大開姫里KBC
西淀川区から主催の大和田さんを除く上位1チーム,福島区から上位2チームが後日開催される決勝大会に進出できる。
予選は抽選による各チーム4試合ずつの変則リーグ戦。
少し到着が遅かったこともありキャプテンが残り2枠からくじを引いた結果,大開さん・大和田さん・福島さん・海西さんと対戦することになった。
・・・って大和田さん以外は福島区やん・・・。まぁしゃーないか・・・

まず1試合目は大開さん
それなりに攻撃も繋がり守備にも大きな乱れは無く,初戦にしてはいい感じだった。
2回終了時点で「4-2」で勝っていたが,3回表の姫里の攻撃はせっかくの1・2塁なのに残塁で無得点。
ちょっと嫌な感じで裏の守り。時間的にはこの回を凌げば・・・。

しかしそう上手く行かず,2アウト1・2塁からセカンドベース方向に転がった打球をセンターとレフトがお見合いをして2人の間を転がり外野を転々としているその間に2点が入り同点にされた。
そのあとは何とかしのいで「4-4」の同点で終わったが,追いつかれての引き分けだっただけにダメージは大きい。
いつも言うがセンターとレフトの声掛けができていれば・・・と悔やまれる引き分けになった。

2試合目は,主催チームで同じ西淀川区の大和田さん
1試合目のダメージを引きずったまま皆んなが暗い顔・・・
足取り重く守備はボロボロ・・・蹴られまくりで完敗・・・。
初回から諦めムードの子どもたちの姿にショックだった。

3試合目は,福島キッズさん
初回の攻撃でノーアウト1・2塁とするが,Asukaのショートへの強烈なライナーを捕球され,飛び出していたセカンドランナーのJuraがダブルプレーとなり嫌なムード。
しかし流れを引き寄せ,2回の攻撃では打者一巡の6得点を奪いチーム全体が盛り上がり行け行けムードになった。
さぁ気持ちを引き締めて守って行こう・・・と思わなければいけないところ,油断したのかつまらないミスや雑なプレーが重なり,まさかの7失点で一挙に逆転されての敗戦となった。

自分たちのミスや無謀なプレーで勝てた試合を落としたと責任を感じていたんだろう。
Jura・Asuka・Yoshikaの3人が珍しくそろって泣いていた。
その3人に声を掛けて励ましていたHaruの姿が印象的だった。
悔しいのはHaruも一緒だろうが,そういうところがチームのムードメーカである彼女の精神的な強さである。

次の4試合目は,福島区の強豪海西さん
予想通り前の試合のショックを引きずり皆んな良い所無く大敗。
唯一ライトで出場した3年生のShizukiが後ろに逸らさず何とかボールを取りに行こうとする姿勢と捕球してすぐに近くの塁へ投げようと一生懸命なプレーが目立っていた。

試合が終わった後,話を聞いてみると・・・
「ボール飛んで来るのがごわがったっ~と泣いていた
試合という緊張感のある中で,無我夢中に一生懸命プレーできたことがいい経験になっただろう。

結局,3敗1分けで予選敗退という残念な結果になった・・・。
皆んないつも以上に気合は入っていたが,勝てた試合を気持ちの面で負けてしまった結果である。

本来の力は各人が素晴らしいものを持っているのに,気持ちの切り替えができないばっかりに勝てる試合も落としてしまう・・・。
キャプテン・副キャプテンたちには,劣勢なときこそ落ち込むんじゃなく,明るく周りのメンバーに声を掛けれるようになって欲しい。
ただそれをいい雰囲気にしてあげれなかった我々指導者側にも大いに責任がある

子どもだけでなく指導者も試合を通じて経験を積み,チームとして成長をしていかなければ。
今大会でも各個人の修正すべき所がまた見つかった。

もう悔しい想いをし続けるのは嫌なのである

次回の大会までに修正して,少しでもいい結果に繋げていきたい。
もちろん精神的な面も含めて。


最後に・・・。

対戦して頂いたチームの皆さん,本当にありがとうございました。
我々指導者も含め,子どもたちが楽しく試合ができたことに感謝しています。
またお世話になりました「大和田連合育成会」関係者の皆様,朝早くから大会運営お疲れ様でした。
準備から後片付けまで色々とありがとうございました。


ちなみに各チームから1人選出する優秀選手賞キャプテンJuraとした。
途中気持ちが折れそうになっていたこともあったが,試合が終わって最後にコーチが伝えたことを忘れずにこれからもチームのみんなを引っ張って行って欲しい。

その期待を込めての「優秀選手賞」です


Juraなら,きっと大丈夫だ。




2012-10-14 : キック活動日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR