サンフレンド球技大会

いつも仲良くさせて頂いている出来島ガールズの篠○監督から声を掛けてもらい,
此花区の『第43回サンフレンド球技大会』に参加させて頂いた。

今年度の『出来島ガールズ』さんは,昨年6年生が卒業してから10人そろわず,しかも3年生以下ということでメンバー集めに苦労されている。
毎年出場されている大会とのことで,今回メンバーが足らないため姫里との合同チームでの参加を主催者側に了解して頂き,声をかけてもらった次第。
この時期,卒業大会に向けありがたい話で,人数の関係上4~6年生のみを出場させることにした。

姫里10名・出来島さん3名を連れて,AM7:30に此花区の高見小学校へ到着!
10チーム参加で,各チーム午前中に予選を2試合ずつ行なう。
今回はあくまで出来島さんが主体ということで,キャプテンは出来島3年生のAkiが務める。

この日も朝から非常に寒く,手足がキンキンしてしびれるほどの感覚でいつも以上に動きの悪さを心配した(その予想は大当たりだったが・・・)。
今日は結果よりも緊張の中でゲームを楽しむように,そして3年生の出来島っ子に声を掛けて引張ってあげるように・・・と指示をして試合に挑んだ。
今回は,増○コーチと出来島篠○監督に試合中の指揮を,橋○コーチには守備と走塁の指示をお願いして,自分はカメラマンと励ましの声掛けに徹することにした。

1試合目の対戦チームは『大開子ども会』さん。
朝一寒い中,全くと言っていいほど体が動かず声も出ず,ほとんど何もできないまま試合終了
もう少し試合開始までの気持ちの持って行き方を工夫してあげなければ・・・と反省・・・。

2試合目の対戦チームは『海老江西子ども会』さん。
いつ見ても声が大きく,きびきびとした動きが素晴らしい
しかしこの試合も結局何もできずに,1点を取るのが精一杯の大敗・・・


IMG_1846.jpg IMG_1874.jpg IMG_1905.jpg


今回,対戦チームとの実力差は始めから十分理解していたし,結果よりも試合中の精神的な面での成長を期待していた。
そんな中,強豪チーム相手に指示した通り3年生を引張って声を出し,全力でプレーするメンバーの姿が見られた。
しかし点差が開くにつれ,ボールを追いかけない諦めたようなプレーや,全力とは思えない気の無いプレーをする子が目立つようになり,しかもそれが6年生ということが許せなくなってきた・・・。

気持ちを切り替えようと増○コーチがタイムを取るが,その時ついに耐え切れず怒鳴ってしまった。
外野からダラダラ歩いて集まって来た6年生数名に・・・

相手チームに失礼な態度で試合はしたくない。
いつもならそんな子はすぐに交代させるが,今日は交代できるメンバーもいないため,やむなくそのまま試合を続けそしてそのまま終了した・・・。

試合が終わって,今日の2試合で何が足らなかったのかをみんなに聞いてみた。
「声が出ていなかった・・・」キャプテンHonokaを始め,4~5年生たちだけが元気なく答えた・・・
いやいや,今返事をした君らは十分声が出ていたよ・・・。
一生懸命3年生に指示してあげていたよ・・・。
そんな中,5年生のJuraはみんなの陰に隠れて,帽子を深くかぶりこっそり悔し涙を流していた。
それを見て自分自身も熱いものが込み上げて来た・・・。

そういう気持ちは大切にしてあげたい。
そんな気持ちがあれば必ず結果はついてくるはずだと思っている。


ただ返事できずにダラダラ話を聞いていた6年生達には,怒りを通り越して悲しくなった・・・。
今まで指導してきたことは何だったんだろう・・・。
6年生のこの子達には全く伝わっていなかったということだろうか・・・。
しかし同じ涙を流すならチーム一丸となって,うれし涙にしてあげたい。

残り1ヶ月,今日の結果を受けてどうしていこうか何を残してあげれるか
時間は限られているが,指導者で話をしてしっかり決めて行きたいと思う。


最後に・・・この大会への参加に声を掛けて頂いた出来島ガールズ篠○監督,ありがとうございました。
またお世話になりました高見子ども会関係者の皆様,朝早くから大会運営お疲れ様でした。
そしていろいろと本当にありがとうございました。

また来年も参加させて頂けるよう,よろしくお願いいたします。





2012-01-29 : キック活動日記 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-02-06 11:11 : : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:姫里キック隊長
キックベースボールのクラブでコーチを始めて,楽しくって,おもしろくって,いつの間にか完全にドップリはまっていました。
そして2015年秋・・・監督になりました。
ホント毎日が土日ならイイのに・・・。

カウンター

QRコード

QR